サイト内検索

ログイン



マーケット情報



ニュース・市況マーケットニュース

RSS

「マーケットニュース」は2013年2月1日以降、しばらく休止させていただきます。
なお、当社に口座をお持ちのお客様であれば、様々なニュース、市況解説等をタイムリーにメールでお知らせする「GI24携帯メール配信サービス」が無料でご利用いただけます。

英国経済指標

更新日時:2012年04月 5日 17:30

鉱工業生産/前月比:2月
0.4%(予想:0.4% 前回:-0.4%→-0.6%)
鉱工業生産/前年比:2月
-2.3%(予想:-2.3% 前回:-3.8%→-4.0%)
製造業生産高/前月比:2月
-1.0%(予想:0.1% 前回:0.1%→-0.3%)
製造業生産高/前月比:2月
-1.4%(予想:0.1% 前回:0.3%→-0.1%)

日経平均株価終値、52円安

更新日時:2012年04月 5日 15:00

終値:9767.61(前日比:52.38円安)
高値:9806.40
安値:9692.70

参院本会議

更新日時:2012年04月 5日 13:10

・河野龍太郎氏の日銀審議委員人事案を不同意とした

小動き

更新日時:2012年04月 5日 12:46

 

2012.4.5ggg.PNG

上記画像は、右上から時計回りにEUR/USD、EUR/JPY、AUD/JPY、USD/JPYの5分足、足の数は100本。

5日東京市場午前、やや円買いが優勢。ドル/円、クロス円が小幅下落した。ただ、明日から欧州中心にイースター休暇に入るため取引参加者は少なく、値動きは限定的なものにとどまった。ドル/円は一時82.47円を付けたものの、82.14円まで下落した。本日は、5・10日でドルが不足との観測が聞かれたが、明日の米雇用統計や来週の日銀金融政策決定会合を控えて、ポジション調整からドル売り注文が入ったもよう。一方、ドルは主要通貨に対して下落。連休明けの中国の上海総合指数やNYダウ先物が前日比プラス圏で推移したことなどが好感され、リスク許容度がやや改善したもよう。

日経平均株価前引け、92円安

更新日時:2012年04月 5日 11:30

前引け:9727.99円(前日比:92.00円安)
高値:9766.40
安値:9672.70

安住淳財務相

更新日時:2012年04月 5日 11:28

・米国の介入批判について、日本の為替政策になんら影響を与えない
・円安は欧州債務問題の進展や米国の経済指標が要因

ABCニュース

更新日時:2012年04月 5日 10:44

・豪州とNZが単一通貨を持つ考えを検討しているという。

中国人民銀行、人民元対米ドル基準値公表

更新日時:2012年04月 5日 10:20

人民元対米ドル基準値:1ドル=6.3035元 (前日比:+0.0092)

ギリシャ

更新日時:2012年04月 5日 10:03

・ギリシャは外国法に基づく同国債など200億ユーロの交換を4月11に完了する計画。額面の31.5%に相当する新発債に交換される。

本日のUSD/JPYの仲値

更新日時:2012年04月 5日 9:55

82円36銭 (三菱東京UFJ銀行)

日経平均株価寄り付き、82円安

更新日時:2012年04月 5日 9:01

寄り付き:9737.50円(前日比:82.49円安)

ドラギ・ECB総裁(政策金利発表後の記者会見で)

更新日時:2012年04月 5日 7:00

・景気判断は前月からほとんど変わらず
・インフレの上振れリスクが今年続くとみる
・インフレ率は今年2%を上回る状況の公算
・ECBは注意深く動向を監視する必要がある
・景気見通しへの下向きリスクは残る
・ECBの措置は状況の安定化に役立った
・ユーロ圏経済は今年、段階的に回復するだろう
・指標は安定化の兆しを確認させるものだ
・商品価格のさらなる上昇がリスクの一部
・ECBはコスト上昇の波及の影響を見守っている
・インフレ見通しへのリスクは概ね均衡
・銀行は強化に向けて利益を留保すべき
・非伝統的な措置は影響を示すまでに時間がかかる
・銀行の資金調達状況は改善された
・出口戦略に関するいかなる話も時期尚早
・インフレ率は2013年の早い時期に2%を下回るだろう
・インフレに関する表現を強めてはいない
・銀行がECBに依存している兆候はない
・ECBの資金供給を受けられないギリシャの銀行は緊急流動性支援を活用することになる
・金利変更の話は本日の会合ではなかった
  • 掲載されている内容は、金融・為替市場に関する情報の提供を目的とし、勧誘を目的としたものではありません。また、その正確性および完全性を保障するものではありません。最終的な投資決定は、お客様ご自身の判断で行われますようお願いいたします。万一、この情報に基づいて取引をされ損害を被った場合においても、当社及び本資料中に引用・掲載した情報の提供者は一切責任を負いません。本件に関するお問い合わせはこちらまでお願いいたします。
    お問い合わせ窓口


よくあるご質問一覧
関連用語一覧
関連コンテンツ

このページの先頭へ

このページの先頭へ


マネックス証券株式会社 金融商品取引業者 関東財務局長(金商)第165号 加入協会:日本証券業協会、一般社団法人 金融先物取引業協会、一般社団法人 日本投資顧問業協会


Copyright© Monex, Inc. All Rights Reserved.