他の外貨建商品との違い

FX取引と同じ「外貨建商品」に分類される外貨預金や外貨MMF。
FX取引との違いはどこにあるのか、9つの項目で比較してみましょう。

FX取引と他の外貨建商品との比較

FX(マネックスFXの場合) 外貨預金(定期預金) 外貨MMF
取引コスト※1 20円※2 500円~2,000円程度 100円~500円程度
為替レート リアルタイム 預入時点でTTS、引出時点でTTBが適用される 取引会社が指定
取引時間 土日を除く、ほぼ24時間 銀行窓口が開いている時間帯※3 銀行窓口が開いている時間帯※3
日本の祝日 取引可能 取引不可 取引不可
損益
  • 為替差損益
  • 利息
  • 為替差損益
  • 運用利回り
収益を得るチャンス 円高・円安どちらでも※4 円安時のみ 円安時のみ
取扱通貨ペア 外貨同士の通貨ペアを含む16通貨ペア 円と外貨のペアのみ 円と外貨のペアのみ
資産保全 三井住友信託銀行または日証金信託銀行による信託保全 預金保護の対象外 信託銀行による信託保全
換金/解約 常時 原則として満期日だけ 通常購入翌日以降可能
  • ※1 米ドル/円で1,000ドルあたりの往復コスト
  • ※2 スプレッド2銭で試算した場合
  • ※3 オンライン取引を除く
  • ※4 円高傾向の時でも外貨の売りから入ることにより収益をあげることが可能です。

外貨預金や外貨MMFと比較した場合のFXのメリットとは?

取引コストの安さ

米ドル/円取引の場合、1米ドルあたりの取引コストで比べると、
外貨預金や外貨MMFは10銭~2円程度までとなるのに比べて、マネックスFXでの取引ならインターネット取引手数料は無料。
キャンペーンスプレッド 米ドル/円0.2銭~のため、取引コストを安く抑えることができます。
(スプレッドはマーケットの状況により拡大することがあります。)

資金効率の良さ

FX取引の魅力は、外貨預金、外貨MMFより少ない資金で効率よく投資ができる「レバレッジ」の仕組みがあることです。
1米ドルあたり85円で1,000ドルを取引する場合、外貨預金、外貨MMFに必要な資金は85,000円ですが、
FX取引ならレバレッジ25倍であれば3,400円の証拠金で取引が開始できます。

レバレッジについて、詳しくは「レバレッジとは?」をご覧ください。

FX取引はレバレッジが高いほど資金効率が高まる一方、リスクも高まります。
FX取引では、一定以上の損失が発生した場合、自動ロスカットが発生しますのでご注意ください。
自動ロスカットについて、詳しくは「アラート・自動ロスカット」をご覧ください

最短5分お申込み完了!

たったの3ステップでお取引開始。口座開設費用、口座維持費用は無料です。

お問合せ

マネックス証券FX・先物オプション・米国株ダイヤル

0120-911-440
(通話料無料)
携帯・PHS 03-6737-1668
(通話料お客様負担)

受付時間 平日8:00~17:00

ページトップ