FXの税金について

FX取引で発生した利益には税金がかかります。
うっかり払い忘れることのないよう、あらかじめ身につけておきたい知識です。

FXにかかる税金はいくら?

個人の場合、マネックスFXで発生した益金は、2011年12月31日までは雑所得として総合課税の対象でしたが、
2012年1月1日の取引以降、雑所得として申告分離課税の対象となり、所得額にかかわらず、税率は一律20%(所得税15%、住民税5%)です。

また、平成25年1月1日以降は、所得税が15%、復興特別所得税が所得税の2.1%、地方税が5%となります。
復興特別所得税は、平成25年から平成49年までの25年間、各年分の所得税の額に2.1%を乗じた金額(利益に対しては、0.315%)が
追加的に課税されるものです。

税額の確定には申告が必要です。詳細については、所轄の税務署にご確認ください。

計算例
給与所得者がFX取引で年間300万円の利益を上げた場合(他の先物取引等の利益がない場合)

FXの収益に対してのみ一律20%の申告分離課税が適用されます。FXで得た利益が300万円だとすると、課税20%で税額は60万円です。
(この他に復興特別所得税がかかります。)

確定申告について

確定申告の際に提出する取引証明書類は、「期間損益報告書」をご利用いただけます。
1月1日から12月31日までの1年間の取引損益がいくらになったか、「期間損益報告書」で確認しましょう。
「期間損益報告書」は、取引画面内の「口座管理・設定」からご確認いただけます。

FXでも必要経費が認められる

雑所得では必要経費が認められるので、FX取引で得た利益にも必要経費が認められることがあります。
たとえば、FX取引の勉強をするために購入した書籍代、FX取引のために購入したパソコンの費用などが必要経費と認定される可能性があります。
(詳細は所轄の税務署にお問合わせください)
FXに関連する出費があれば、念のため領収証を集めておくとよいでしょう。

先物やオプション取引などと
損益通算が可能

FX取引は、取引所に上場されている日経225miniなど先物取引、オプション取引との損益通算が可能です。

計算例
FX取引で50万円の利益、日経225miniで30万円の損失が生じた場合

FXで得た利益から、日経225miniの損失を差し引くことにより、20万円が課税対象額です。
ただし、株式や投資信託によって生じた損益と通算することはできません。

損益通算

損益通算の図

最長3年間損失額の
繰越控除が可能

繰越控除とは、その年に控除し切れなかった損失を翌年以降に持ち越すことができるというものです。
その年に発生した損益と他の先物取引、オプション取引と損益を通算し、その年に受けられる控除額を差し引いても損失が出ている場合、
確定申告することでその損失額を翌年から3年間繰越控除できます。ただし、3年間に利益と相殺し、損失額がゼロになった場合は繰り越せず、
相殺して利益が発生した場合の利益に対して課税されます。また、損失額を4年目以降に持ち越すことはできません。

計算例

年間のFX取引の損失が200万円、その他の利益が100万円で差し引き100万円の損失が発生している場合、その年に控除しきれなかった損失100万円分については、確定申告することで翌年から最高3年間に渡って損失を繰り越すことが出来ます。
翌年から毎年40万円の利益が発生した場合では、1年目と2年目の利益は、それぞれ繰り越した損失と相殺することが可能で、いずれも課税されません。3年目は、残り20万円の繰越損失を相殺した20万円の利益が課税対象です。

繰越控除の例

繰越控除の例

最短5分お申込み完了!

たったの3ステップでお取引開始。口座開設費用、口座維持費用は無料です。

お問合せ

マネックス証券FX・先物オプション・米国株ダイヤル

0120-911-440
(通話料無料)
携帯・PHS 03-6737-1668
(通話料お客様負担)

受付時間 平日8:00~17:00

ページトップ