ウィークリー・コラム

珠玉のコラムニスト達による、FXコラム。
マーケット全般の話題から自身のトレード手法まで、バラエティーに富んだラインナップで公開します。
ここでは1週間前の記事から公開されていますが、口座開設された方は取引画面内にて最新の記事がご覧いただけます。

テクニカル・アナリスト
陳 満咲杜 氏 ウィークリー・コラム
月曜日更新予定(本ページでは前週分から公開)

最新版はログイン後にチェック!

陳満咲杜氏

陳 満咲杜 氏(テクニカル・アナリスト)

上海出身の為替アナリスト兼FX トレーダー。黎明期からFX 業界に携わる古参。チャート読解術である「プライス・アクション」が得意分野。テクニカル中心のコラムをお届け。

大きな円安トレンドにおけるスピード調整

更新日時:2019年1月 4日 10:00

※本稿は2018年12月28日に作成されたものです。

米ドル/円  月足

予想レンジ:110.00~120.00 

メインストラテジー:押し目買い

・2015年高値をもって円安トレンドが一旦修正されたが、メイントレンドとしてなお継続される

・2015年高値からシンメトリー・トライアングル型保ち合いが形成されたが、すでに上放れされた公算

・114円台後半における「壁」が厚かったが、反落も元トライアングルの抵抗ラインの延長線に留まり、下値限定なら早晩メイントレンドへ復帰しよう

CH20181228_usd.png

アナリシス:

2011年安値から2015年高値まで急激かつ大幅なドル高・円安のトレンドが進み、その後の反落や立ち合いは基本的には同メイントレンドにおけるスピード調整と見なし、円安トレンド自体は変わらないであろう。
スピード調整自体はシンメトリー・トライアングル型保ち合いをもって表れ、2018年夏場まで続いたが、その後の上値トライをもってすでに完成され、また上放れされた公算が大きい。ゆえに、目先を含め、一時的な円高の傾向があっても「振り落とし」にすぎず、ここからメイントレンドへ復帰する見通し。

2015年における頭打ち、そして2016年における底打ちは共に鮮明なサインを点灯し、前者では弱気「リバーサル」に「インサイド」の下放れが続き、後者では「インサイド」の上放れに強気「リバーサル」が続いた。ゆえに、反落波としての最も大きな振れ幅がすでに完成し、その後振れ幅の逓減に繋がった。
その後の切り返し、レジスタンスを確認するサインとして2017年1月の弱気「リバーサル」、または2017年11月、2018年10月の「フォールス・ブレイクアウト」のサインがもっとも重要であったが、2015年高値を起点とした大型シンメトリー・トライアングルの保ち合いは2018年夏場まで続き、またその後の上昇をもってすでに上放れされた公算が大きい。
ゆえに、2018年12月に大きく反落してきたが、日米株式市場の暴落に比例するほどのモメンタムが見られない上、前記フォーメーションの元抵抗ライン(延長線)への押しを果たしているようにみえる。同押しが限定されるなら、シンメトリー・トライアングル型保ち合いの存在や上放れが却って証左され、ここからメイントレンド、即ち円安トレンドへ復帰する公算を高める。

もっとも、114円台後半の「壁」は厚かった。2018年も同水準に拒まれ、史上最低の変動率を記録した。米中貿易戦争、株式市場の混乱など今年におけるリスク要素がかなり多かったが、米ドル/円の「異常」な変動率は2019年の反動、即ち高い変動率をもたらすだろう。既述のように、大型保ち合いの上放れを果たした以上、2019年こそ前記「壁」のブレイクを果たすと思われる。

重要抵抗ゾーンに対するブレイクの失敗を意味する「フォールス・ブレイクアウト」のサインは抵抗ゾーンを強化する存在であったが、一旦ブレイクされ、今度は一転して続伸のサインと化すだろう。その後、新たな上昇余地を拓き、また強い上昇モメンタムの強化につながり、市場センチメントの修正をもたらすだろう。
まとめると、大方の見通しと違い、相場の内部構造に鑑み、当方は2019年に「想定外」の円安進行が見られるかと思う。諸ファンダメンタルズ上の材料、2018年の値幅が「意外に」限定されたことと同じく、値段次第の解釈となるため、むしろ相場の構造を後追う形で出てくるだろう。


豪ドル/円  月足

予想レンジ:75.00~90.00 

メインストラテジー:レンジ取引

・総じて保ち合いの状況におるが、下値リスクがくずぶる

・しかし、下値限定なら大型トライアングル内の値動きを鮮明化させる

・底堅く推移があっても今月の弱気サインを否定するには時間がかかる

CH20181228_aud.png

アナリシス:

2008年リーマンショック後の安値から大きく切り返し、2013年高値をもって頭打ちを果たしたものの、その後の反落し2016年安値をもって一旦完成したとみる。頭打ちと底打ちのサインは月足においてそれぞれ「スパイクハイ」や「スパイクロー」の点灯として確認され、その後の値動きを限定した。

2017年9月高値までの切り返し、重要な抵抗ゾーンを一旦トライしたものの、失敗に終わったため、「フォールス・ブレイクアウト」のサインとして点灯されたと思われる。同高値ゾーン、2013年~2014年安値の水準と重複だけではなく、2010年、2011年や2012年高値の水準とも重なるから、抵抗ゾーンとして重視され、またこれからの値動きを制限してくるだろう。

もっとも、2016年6月罫線が点灯した「スパイクロー」のサインも非常に重要であった。同安値は2010年や2011年安値と合致し、仮に円高の進行があっても同水準を本格的に下回らないだろう。大きなフォーメーションとして、2013年高値を「ヘッド」と見なした場合、大型「ヘッド&ショルダーズ」に見えるため、2016年安値72.50円を下回れば、同フォーメーションの成立をもたらすので、その後の指示値はリーマンショック後の2008年安値を下回ることになる。少なくとも足元ではこのような可能性は考えられない。

更に、2008年安値から2016年安値を連結するサポートラインを重視する場合、目先はすでに同ラインをトライ、ここにて下落して一服があれば、早期底打ちの可能性もある。同見方はドル/円の底打ちの構造と整合性があり、また可能性として十分考えられるが、ハードルは高いであろう。

2018年12月に一旦83.96円の高値をトライしてから大きく反落、月足では大きな弱気「リバーサル」、または「アウトサイド」のサインを点灯し、目先大きな売り圧力を示唆。この場合はやはり引き続き下値リスクを警戒し更なる安値トライがあってもおかしくないだろう。底打ちのサインが点灯されるまで、安易な底打ちを判断できない。

更に、仮に早期底打ちのサインが点灯されても、前記の弱気サインに鑑み同サインを否定するには時間がかかる公算が大きい。この意味では、2019年に84円関門の回復があるとしても大分先になる見通しであり、この間紆余曲折する市況を覚悟すべできだろう。とはいえ、一旦84円関門のブレイクがあれば、大幅な上値余地を拓くだろう。この場合、米ドル/円と同様、「意外」な上値打診につながるので、2019年は変動レンジの拡大に期待できる。

ファンダメンタルズでは、やはり中国経済に依存する側面が大きいから中国絡みの材料に左右されやすいため、大きなレンジにおける波乱が想定される。しかし、結局米ドル/円次第なので、総じて後半の円安傾向が期待できるかと思う。


 

ご留意いただきたい事項

マネックス証券(以下当社)は、本レポートの内容につきその正確性や完全性について意見を表明し、また保証するものではございません。記載した情報、予想および判断は有価証券の購入、売却、デリバティブ取引、その他の取引を推奨し、勧誘するものではございません。当社が有価証券の価格の上昇又は下落について断定的判断を提供することはありません。
本レポートに掲載される内容は、コメント執筆時における筆者の見解・予測であり、当社の意見や予測をあらわすものではありません。また、提供する情報等は作成時現在のものであり、今後予告なしに変更又は削除されることがございます。
当画面でご案内している内容は、当社でお取扱している商品・サービス等に関連する場合がありますが、投資判断の参考となる情報の提供を目的としており、投資勧誘を目的として作成したものではございません。
当社は本レポートの内容に依拠してお客様が取った行動の結果に対し責任を負うものではございません。投資にかかる最終決定は、お客様ご自身の判断と責任でなさるようお願いいたします。
本レポートの内容に関する一切の権利は当社にありますので、当社の事前の書面による了解なしに転用・複製・配布することはできません。
当社でお取引いただく際は、所定の手数料や諸経費等をご負担いただく場合があります。お取引いただく各商品等には価格の変動・金利の変動・為替の変動等により、投資元本を割り込み、損失が生じるおそれがあります。また、発行者の経営・財務状況の変化及びそれらに関する外部評価の変化等により、投資元本を割り込み、損失が生じるおそれがあります。信用取引、先物・オプション取引、外国為替証拠金取引をご利用いただく場合は、所定の保証金・証拠金をあらかじめいただく場合がございます。これらの取引には差し入れた保証金・証拠金(当初元本)を上回る損失が生じるおそれがあります。
なお、各商品毎の手数料等およびリスクなどの重要事項については、「リスク・手数料などの重要事項に関する説明」をよくお読みいただき、銘柄の選択、投資の最終決定は、ご自身のご判断で行ってください。
※本レポートに掲載されているチャートなどの図版は、筆者が作成したものです。

陳満咲杜氏 プロフィール

陳満咲杜氏

中国・上海生まれ。1992 年に所持金5,000 円で来日し、日本語学校を経て日本大学経済学部に入学。生活費と学費をアルバイトでまかないながら在学中より株式投資を開始。大学卒業後、中国情報専門紙の株式担当記者を経て黎明期のFX 業界へ。香港や米国の金融機関で研修を重ね、トレーダーとしての経験を積み、アナリストとして頭角を現す。GCA エフエックスバンク マネージングディレクター、イーストヒルジャパン チーフアナリストなど要職を経て独立。現在は陳アソシエイツ代表/アナリストとして活躍している。最新刊は『FX 投資のすべてがマンガでわかる!』、『勤勉で勉強家の日本人がFX で勝てない理由』(ダイヤモンド社)、その他、『GMMA の真実』、『二刀流FX』、『CFD トレーディングの真実』『FX トレーディングの真実』(以上、扶桑社)、『FX ライスアクション成功の真実』(実業之日本社)、『着物トレーダーを卒業せよ 陳満咲杜の為替の真実』(青月社)などの著書多数。日本テクニカルアナリスト協会検定会員。

当コラムに関するご意見やご感想、筆者への叱咤激励のメールは以下のアドレスへお願いいたします。

feedback@monex.co.jp

掲載されている内容は、金融・為替市場に関する情報の提供を目的とし、勧誘を目的としたものではありません。また、その正確性および完全性を保証するものではありません。最終的な投資決定は、お客様ご自身の判断で行われますようお願いいたします。万一、この情報に基づいて取引をされ損害を被った場合においても、当社および本資料中に引用・掲載した情報の提供者は一切責任を負いません。本件に関するお問合わせはこちらまでお願いいたします。

お客様サポート

最短5分お申込み完了!

たったの3ステップでお取引開始。口座開設費用、口座維持費用は無料です。

お問合せ

マネックス証券FX・先物オプション・米国株ダイヤル

0120-911-440
(通話料無料)
携帯・PHS 03-6737-1668
(通話料お客様負担)

受付時間 平日8:00~17:00

ページトップ