ウィークリー・コラム

珠玉のコラムニスト達による、FXコラム。
マーケット全般の話題から自身のトレード手法まで、バラエティーに富んだラインナップで公開します。
ここでは1週間前の記事から公開されていますが、口座開設された方は取引画面内にて最新の記事がご覧いただけます。

FXトレーダー講師
Ketty 氏 ウィークリー・コラム
木曜日更新予定(本ページでは前週分から公開)

最新版はログイン後にチェック!

Ketty 氏

Ketty 氏(テクニカル・アナリスト)

多くの受講生を受け持つ、人気FXトレーダー講師。「自分の性格とライフスタイルに合ったトレード」をモットーに、わかりやすいテクニカル分析を中心にしたコラムをお届け。ボリンジャーバンドを駆使した取引が得意分野。

11月29日 ポンド円の概況と相場想定 第42回

更新日時:2018年12月 6日 10:00

ポンド円(139.80〜150.00)


アナリシス:

皆さん、こんにちは! 連日英国の要人発言でポンドは大きく上げ下げしている状態です。
ロンドン市場の時間には、大きく上昇したかと思えば一気に下落したりなど、トレードしづらい状況とも言えます。そんな中、政府は28日に報告書を公表。メイ首相が欧州連合(EU)と合意した離脱条件で英国がEUを離脱した場合、英経済は3.9%縮小するとの試算を明らかにしました。EU離脱がどのような条件で行われたとしても、英経済にとってはマイナスの影響を及ぼすと認めています。

各省庁の経済専門家が共同でまとめたこの報告書では、同首相が先にEUと合意した「離脱協定」に基づく試算の詳細については示されていないものの、移民数の制限や貿易摩擦などの点でこれに最も近いシナリオでは、15年後の国内総生産(GDP)がEUに残留した場合と比べて3.9%縮小すると予想しています。向こう15年で国民1人当たり1,100ポンドを失う格好となるようです。
一方、EU・カナダ間の包括的経済貿易協定(CETA)を想定した「カナダ型」ブレグジットでは、6.7%のマイナスになると試算されています。何の合意もなしで離脱した際には9.3%落ち込むとみられています。

政府はかねてブレグジット後にEU域外諸国と自由貿易協定を結ぶメリットを強調していましたが、報告書はこうした協定の影響は無に等しいとみています。米国、中国、オーストラリア、ニュージーランド、湾岸諸国、東アジアの大半の諸国と自由貿易協定が結ばれたとしても、向こう15年のGDP押し上げ効果は0.1%にも届かないと試算しています。
ハモンド財務相は、「経済的観点のみで見れば、EU離脱はどのようなシナリオでも貿易障壁を伴うため、経済的損失をもたらす」と認めた上で、メイ首相の「離脱協定」は経済的損失を最小限に食い止めるものだと強調しています。

メイ首相の離脱案の是非を問う投票が英下院で来月11日に行われます。
メイ首相は27日に、北アイルランドとウェールズを訪問し、離脱協定への支持を求めています。特に、与党・保守党と閣外協力する北アイルランド・民主統一党(DUP)が同協定に反対していることを受け、北アイルランドでは経済界を含む広範な層に支持を訴えています。
DUPは北アイルランドが英本土と異なる扱いを受ける可能性があるとして、反対票を投じる構えを見せています。こうした中、メイ首相は同協定の経済的メリットをアピールし、北アイルランドの製造業者はアイルランド、英本土の両方と自由に取引を行える必要があると訴えています。このほか北アイルランドでは、学生や学界、地域および宗教指導者とも会談。ウェールズでは、政界および農家の代表者と協議しました。2019月の11日までは不透明感が続きそうですので、要人発言によってポンドが上げ下げする動きがまだまだ続きそうです。

 

それでは、月足チャートです。

KE20181129_M.png

トレンドレス中段。鈍い動きが続いている状態です。方向感がなく、上下どちらに行くか読みづらい状況。かなりバンドが狭まってのこう着状態です。

 

続いて、週足チャートです。

KE20181129_W.png

トレンドレス中段。

一旦上昇しましたが、+2σまでタッチせずに下落し、上下どちらにも行ける状況。週足ベースでのトレンド発生はもう少し先になりそうです。

 

最後に、日足チャートです。

KE20181129_D.png

トレンドレス中段。トレンドレス下段は142.70円〜143.50円、トレンドレス上段は149.00円〜150.00円と認識します。ファンダメンタルズを加えて見ると、11日までは方向性が見えづらく、下院の投票結果により、一気にポンド買いの動きになると想定します。  

 

以上の分析から、エントリーポイントとしては以下のとおりです。

予想レンジ:139.80〜150.00 

 

メインストラテジー:

買いをするなら、

・142.70円〜143.50円の日足トレンドレス下段逆張りを根拠にエントリー

・145.90円を上にブレイクしたら短期足を使って押し目で順張りエントリー

・149.30円〜149.70円を上にブレイクしたら短期足を使って押し目で順張りエントリー

売りをするなら、

・149.70円付近の日足トレンドレス上段を根拠に逆張りエントリー

・143.40円〜143.50円もしく143.70円〜143.80円を下にブレイクしたら短期足を使って戻り目で順張りエントリー

・143.40円〜143.50円もしく143.70円〜143.80円を下にブレイクしたら短期足を使って戻り目で順張りエントリー

 

ご留意いただきたい事項

マネックス証券(以下当社)は、本レポートの内容につきその正確性や完全性について意見を表明し、また保証するものではございません。記載した情報、予想および判断は有価証券の購入、売却、デリバティブ取引、その他の取引を推奨し、勧誘するものではございません。当社が有価証券の価格の上昇又は下落について断定的判断を提供することはありません。
本レポートに掲載される内容は、コメント執筆時における筆者の見解・予測であり、当社の意見や予測をあらわすものではありません。また、提供する情報等は作成時現在のものであり、今後予告なしに変更又は削除されることがございます。
当画面でご案内している内容は、当社でお取扱している商品・サービス等に関連する場合がありますが、投資判断の参考となる情報の提供を目的としており、投資勧誘を目的として作成したものではございません。
当社は本レポートの内容に依拠してお客様が取った行動の結果に対し責任を負うものではございません。投資にかかる最終決定は、お客様ご自身の判断と責任でなさるようお願いいたします。
本レポートの内容に関する一切の権利は当社にありますので、当社の事前の書面による了解なしに転用・複製・配布することはできません。
当社でお取引いただく際は、所定の手数料や諸経費等をご負担いただく場合があります。お取引いただく各商品等には価格の変動・金利の変動・為替の変動等により、投資元本を割り込み、損失が生じるおそれがあります。また、発行者の経営・財務状況の変化及びそれらに関する外部評価の変化等により、投資元本を割り込み、損失が生じるおそれがあります。信用取引、先物・オプション取引、外国為替証拠金取引をご利用いただく場合は、所定の保証金・証拠金をあらかじめいただく場合がございます。これらの取引には差し入れた保証金・証拠金(当初元本)を上回る損失が生じるおそれがあります。
なお、各商品毎の手数料等およびリスクなどの重要事項については、「リスク・手数料などの重要事項に関する説明」をよくお読みいただき、銘柄の選択、投資の最終決定は、ご自身のご判断で行ってください。

最新10件の記事一覧

すべての記事一覧を見る

Ketty氏 プロフィール

Ketty 氏

大学時代に父親が破産し、自分でお金を稼いで自立する大切さを知る。卒業後、秘書検定講座やビジネスマナー講座、就職支援などの講師をする傍ら経営コンサルト会社に勤務。その後、自分のビジネスを模索し、職業訓練校を開校・アフィリエイトやアービトラージ等様々なネットビジネスに挑戦したのち、FXの道を究めることを決意。熱心に勉強に励み、戦略動画を掲載する。その後2013年にリアルトレードを開始し、トレード口座を開講。多くの受講生に対して「自分の性格とライフスタイルに合ったトレード」をモットーに講義している。
『ケッティーFXの教科書コース・オンラインコース・コンサルコース』で講義中。
ブログ:ケッティーのFX

当コラムに関するご意見やご感想、筆者への叱咤激励のメールは以下のアドレスへお願いいたします。

feedback@monex.co.jp

掲載されている内容は、金融・為替市場に関する情報の提供を目的とし、勧誘を目的としたものではありません。また、その正確性および完全性を保証するものではありません。最終的な投資決定は、お客様ご自身の判断で行われますようお願いいたします。万一、この情報に基づいて取引をされ損害を被った場合においても、当社および本資料中に引用・掲載した情報の提供者は一切責任を負いません。本件に関するお問合わせはこちらまでお願いいたします。

お客様サポート

最短5分お申込み完了!

たったの3ステップでお取引開始。口座開設費用、口座維持費用は無料です。

お問合せ

マネックス証券FX・先物オプション・米国株ダイヤル

0120-911-440
(通話料無料)
携帯・PHS 03-6737-1668
(通話料お客様負担)

受付時間 平日8:00~17:00

ページトップ