ウィークリー・コラム

珠玉のコラムニスト達による、FXコラム。
マーケット全般の話題から自身のトレード手法まで、バラエティーに富んだラインナップで公開します。
ここでは1週間前の記事から公開されていますが、口座開設された方は取引画面内にて最新の記事がご覧いただけます。

FXトレーダー講師
Ketty 氏 ウィークリー・コラム
木曜日更新予定(本ページでは前週分から公開)

最新版はログイン後にチェック!

Ketty 氏

Ketty 氏(テクニカル・アナリスト)

多くの受講生を受け持つ、人気FXトレーダー講師。「自分の性格とライフスタイルに合ったトレード」をモットーに、わかりやすいテクニカル分析を中心にしたコラムをお届け。ボリンジャーバンドを駆使した取引が得意分野。

1月31日 英ポンド/円の概況と相場想定

更新日時:2019年2月 7日 10:00

英ポンド/円 (139.00〜147.00)1月31日〜2月6日まで


アナリシス:

皆さん、こんにちは! インフルエンザの流行で、体調を崩される方が多くなっています。体調管理をしっかりとしていきたいですね。

29日は英国下院議会において、EU離脱協定のプランBと言われる修正案が可決されました。修正案はバックストップ(安全策)を代替措置に置き換える内容となったため、賛成317票、反対301票の結果となりました。
これを受け、メイ英首相はEUに離脱協定の再交渉を求める方針を示しています。「バックストップ」について法的拘束力のある変更を求めるとしていますが、トゥスクEU大統領は再交渉の可能性を明白に否定しており、実現は極めて難しい状況です。

メイ首相は同修正案の可決後に下院で行った演説で「バックストップへの懸念に対処すると同時に、アイルランドと英領北アイルランドの間の厳格な国境検査の再開を防ぐような、法的拘束力のある変更をEUに求める」と話しています。ただ、「EUにはこうした変更への意欲は薄く、交渉は容易ではないだろう」との認識も示しています。メイ首相は30日にアイルランドのバラッカー首相と会談。週内にEU首脳とも会談を予定しています。

一方、EUのトゥスク大統領は広報官を通じ「離脱協定は英国の秩序あるEU離脱を実現するための唯一にして最良の方法」とコメントしており、「バックストップは離脱協定の一部分であり、離脱協定の再交渉は行わない」としています。

「バックストップ」は移行期間中に英・EU間の貿易協定がまとまらなかった場合に、アイルランドと英領北アイルランドの間の厳格な国境検査を避けるため、英国全体がEU関税同盟にとどまる措置のことを言います。与党・保守党内の離脱強硬派は、これが恒久化することを危惧して反対していたため、メイ首相は離脱協定への支持獲得に向け、これを別の措置に置き換える修正案を自ら支持しました。
同首相は今後2週間に渡りEUと「バックストップ」を巡る変更を協議した上で、2月13日までに再び下院で離脱協定の承認を問う考えです。下院が再びこれを否決すれば、再度、下院議員からさまざまな修正案が提出されることになります。
なお、英下院は29日に合意なきEU離脱を拒否する案も可決しましたが、この決定に法的拘束力はないとしています。現時点で英国は、合意の有無にかかわらず3月29日にEUを離脱することになっています。

他方、本日未明のFOMCで米政策金利が据え置きとなったことを受け、ドル売りの地合いとなりました。FOMC声明では前回よりもハト派色が強くなったと報じられており、物価上昇力が低下し、原油安の影響で一段と下振れしかねないとの見方がされています。また、米政府機関の一部閉鎖や世界的な景気減速、関税問題も指摘されています。

パウエルFRB議長は、会見の中で金融政策の運営には一層の忍耐強さが必要と繰り返し述べており、当面は様子見の姿勢が妥当だと発言しています。

昨日のADP雇用統計の結果は良好となり、一時ドル買いに動いたものの、夜間で一気にドル売りに転じる相場となりました。

 

それでは、月足チャートです。

KE20190131_M.png

トレンドレス中段。前回の想定通り、再度トレンドレス内の価格内に戻ってきて真ん中に向かって上昇中。

 

続いて、週足チャートです。

KE20190131_W.png

トレンドレス中段。3週連続で上昇しましたが、今週頭から下げに転じており、本日未明のFOMCを受けて、より一層下落しています。週足ベースでは140.50円のサポートラインまで下落することは容易ですし、上は147.00円付近までの上昇も可能と想定します。

 

最後に、日足チャートです。

KE20190131_D.png

トレンドレス上段。このまま一旦下落をしたら、ミドルラインまで落ちることが可能と想定します。上昇するなら、+2σまでとなります。当面は、方向感がない動きとなりそうです。

それでは、向こう1週間の重要指標です。
31日(木)19:00 EUR・GDP速報値、22:30 米・四半期雇用コスト指数、個人消費支出
2月1日(金)19:00 EUR・消費者物価指数、22:30 米・雇用統計
2日(土)0:00 米・ISM製造業景況指数
6日(水)0:00 米・ISM非製造業景況指数となります。

 

以上の分析から、エントリーポイントとしては以下のとおりです。

予想レンジ:139.00~147.00 

 

メインストラテジー:

買いをするなら、

・139.00円〜139.20円の月足トレンドレス下段逆張りを根拠にエントリー。
・140.40円〜140.60円の週足サポートライン+4時間足−2σトレンドレス下段逆張りを根拠にエントリー

売りをするなら、

・142.70円を下にブレイクしたら1時間足ダウントレンドと認識して、短期足の戻り目でエントリー
・4時間足トレンドレス上段+2σ付近(価格未定)からの逆張りを根拠にエントリー
・日足トレンドレス下段+2σ付近(価格未定)からの逆張りを根拠にエントリー

 

ご留意いただきたい事項

マネックス証券(以下当社)は、本レポートの内容につきその正確性や完全性について意見を表明し、また保証するものではございません。記載した情報、予想および判断は有価証券の購入、売却、デリバティブ取引、その他の取引を推奨し、勧誘するものではございません。当社が有価証券の価格の上昇又は下落について断定的判断を提供することはありません。
本レポートに掲載される内容は、コメント執筆時における筆者の見解・予測であり、当社の意見や予測をあらわすものではありません。また、提供する情報等は作成時現在のものであり、今後予告なしに変更又は削除されることがございます。
当画面でご案内している内容は、当社でお取扱している商品・サービス等に関連する場合がありますが、投資判断の参考となる情報の提供を目的としており、投資勧誘を目的として作成したものではございません。
当社は本レポートの内容に依拠してお客様が取った行動の結果に対し責任を負うものではございません。投資にかかる最終決定は、お客様ご自身の判断と責任でなさるようお願いいたします。
本レポートの内容に関する一切の権利は当社にありますので、当社の事前の書面による了解なしに転用・複製・配布することはできません。
当社でお取引いただく際は、所定の手数料や諸経費等をご負担いただく場合があります。お取引いただく各商品等には価格の変動・金利の変動・為替の変動等により、投資元本を割り込み、損失が生じるおそれがあります。また、発行者の経営・財務状況の変化及びそれらに関する外部評価の変化等により、投資元本を割り込み、損失が生じるおそれがあります。信用取引、先物・オプション取引、外国為替証拠金取引をご利用いただく場合は、所定の保証金・証拠金をあらかじめいただく場合がございます。これらの取引には差し入れた保証金・証拠金(当初元本)を上回る損失が生じるおそれがあります。
なお、各商品毎の手数料等およびリスクなどの重要事項については、「リスク・手数料などの重要事項に関する説明」をよくお読みいただき、銘柄の選択、投資の最終決定は、ご自身のご判断で行ってください。

Ketty氏 プロフィール

Ketty 氏

大学時代に父親が破産し、自分でお金を稼いで自立する大切さを知る。卒業後、秘書検定講座やビジネスマナー講座、就職支援などの講師をする傍ら経営コンサルト会社に勤務。その後、自分のビジネスを模索し、職業訓練校を開校・アフィリエイトやアービトラージ等様々なネットビジネスに挑戦したのち、FXの道を究めることを決意。熱心に勉強に励み、戦略動画を掲載する。その後2013年にリアルトレードを開始し、トレード口座を開講。多くの受講生に対して「自分の性格とライフスタイルに合ったトレード」をモットーに講義している。
『ケッティーFXの教科書コース・オンラインコース・コンサルコース』で講義中。
ブログ:ケッティーのFX

当コラムに関するご意見やご感想、筆者への叱咤激励のメールは以下のアドレスへお願いいたします。

feedback@monex.co.jp

掲載されている内容は、金融・為替市場に関する情報の提供を目的とし、勧誘を目的としたものではありません。また、その正確性および完全性を保証するものではありません。最終的な投資決定は、お客様ご自身の判断で行われますようお願いいたします。万一、この情報に基づいて取引をされ損害を被った場合においても、当社および本資料中に引用・掲載した情報の提供者は一切責任を負いません。本件に関するお問合わせはこちらまでお願いいたします。

お客様サポート

最短5分お申込み完了!

たったの3ステップでお取引開始。口座開設費用、口座維持費用は無料です。

お問合せ

マネックス証券FX・先物オプション・米国株ダイヤル

0120-911-440
(通話料無料)
携帯・PHS 03-6737-1668
(通話料お客様負担)

受付時間 平日8:00~17:00

ページトップ