ウィークリー・コラム

珠玉のコラムニスト達による、FXコラム。
マーケット全般の話題から自身のトレード手法まで、バラエティーに富んだラインナップで公開します。
ここでは1週間前の記事から公開されていますが、口座開設された方は取引画面内にて最新の記事がご覧いただけます。

FXトレーダー講師
Ketty 氏 ウィークリー・コラム
木曜日更新予定(本ページでは前週分から公開)

最新版はログイン後にチェック!

Ketty 氏

Ketty 氏(テクニカル・アナリスト)

多くの受講生を受け持つ、人気FXトレーダー講師。「自分の性格とライフスタイルに合ったトレード」をモットーに、わかりやすいテクニカル分析を中心にしたコラムをお届け。ボリンジャーバンドを駆使した取引が得意分野。

英EU離脱交渉に難航の模様、英ポンドは方向感に乏しい動きか

更新日時:2019年3月14日 10:00

英ポンド/米ドル (1.2770〜1.3350) 3月7日〜3月13日まで

アナリシス:

皆さん、こんにちは! 英国はEU離脱へ向けたEUとの交渉に難航しているようです。欧州委員会は5日にアイルランド国境問題のバックストップへの更なる提案を英国側に行いましたが、合意に至っていないとの報告が報道官より発表されました。

EU側はバックストップが一時的な措置ということについての追加保証を提案。協議は建設的な状況で行われているものの難航していると表現されており、アイルランド国境問題を含め離脱合意に沿った解決策を特定できていないと説明しています。その上で、更なる実務的な協議を今週は継続していくとも語られています。

離脱期限は29日。EUは21〜22日の首脳会議で交渉期間を延長するかどうかを決断するとのこと。

延期は2019年の6月末とされており、英国側もEU側も3ヶ月の延長は妥当なところと見ています。

少なくとも21日までは英国とEUの交渉が続く模様で、ポジティブなニュースが出ればポンド買い、ネガティブな材料には売り反応で、いずれも限定的と想定され、方向感に乏しい動きとなりそうです。

他方、経済協力開発機構(OECD)は6日発表した世界経済見通しの中で、ユーロ圏の今年の域内総生産(GDP)が前年比1%拡大するとの見通しを示しました。2018年11月の前回予測から0.8ポイント下方修正した形で、2020年についても0.4ポイント引き下げ1.2%としています。英国のEU離脱を巡る不透明感や貿易摩擦が影を落とした格好です。

ユーロ圏外では、英国の2019年のGDP成長率の見通しを0.6ポイント、2020年は0.2ポイント引き下げ、それぞれ0.8%、0.9%を見込んでいます。依然として力強い労働市場が家計消費を支えるものの、ブレグジットを巡る不透明感が続いていることやユーロ圏の成長鈍化が、景況感や投資、輸出見通しの足かせとなっていると結論付けました。

イタリアは、2019年は1.1ポイント下方修正されてマイナス0.2%となるものの、2020年は0.5%のプラス成長を回復すると予想しています。

フランスについては2019年と2020年が共に1.3%と、それぞれ0.3ポイント、0.2ポイント下方修正しました。

世界全体については、2019年の成長率を3.3%、2020年を3.4%とし、前回予想からいずれも引き下げました。

政治的不透明感や貿易摩擦の高まり、企業景況感と消費者信頼感の低下傾向により、勢いを失っているとの見方を示しています。

 

それでは、月足チャートです。

【図表1】英ポンド/米ドル(月足)

KE20190307_M.png

トレンドレス中段。月足はトレンドレスを維持し、MA、ミドルライン付近まで上昇したのち、一旦抑えられています。方向感がない状況です。

  

続いて、週足チャートです。

【図表2】英ポンド/米ドル(週足)

KE20190307_W.png

トレンドレス上段。一旦+2σを越えましたが、上ヒゲとなり、少し下げています。
上値が多少重い見通しです。

  

最後に、日足チャートです。  

【図表3】英ポンド/米ドル(日足)

KE20190307_D.png

トレンドレスもしくはアップトレンドMA反発2波スタート場面のいずれかになります。短期的にはブレイクしてアップトレンド発生となりましたが、5日間陰線となり、現在は1.3180付近の1月後半の高値より若干下げてきております。

向こう1週間の重要指標で。

7日(木)
19:00 EUR・GDP確定値
21:45 EUR・ECB政策金利
22:30 EUR・ドラギECB総裁定例記者会見、

8日(金)
8:50 日・GDP改定値、
22:30 米・雇用統計

12日(火)
18:30 英・GDP
21:30 米・消費者物価指数

 

上記の分析から、エントリーポイントとしては以下のとおりです。

予想レンジ:1.2770〜1.3350

 

メインストラテジー:

<日足をベースシナリオとして>
買いをするなら、

・1.3080〜1.3110付近の4時間足トレンドレス下段逆張りを根拠にエントリー
・1.2770〜1.2800の日足トレンドレス下段逆張りを根拠にエントリー

売りをするなら、
・1.3310〜1.3350付近で日足トレンドレス上段逆張りを根拠にエントリー

 

ご留意いただきたい事項

マネックス証券(以下当社)は、本レポートの内容につきその正確性や完全性について意見を表明し、また保証するものではございません。記載した情報、予想および判断は有価証券の購入、売却、デリバティブ取引、その他の取引を推奨し、勧誘するものではございません。当社が有価証券の価格の上昇又は下落について断定的判断を提供することはありません。
本レポートに掲載される内容は、コメント執筆時における筆者の見解・予測であり、当社の意見や予測をあらわすものではありません。また、提供する情報等は作成時現在のものであり、今後予告なしに変更又は削除されることがございます。
当画面でご案内している内容は、当社でお取扱している商品・サービス等に関連する場合がありますが、投資判断の参考となる情報の提供を目的としており、投資勧誘を目的として作成したものではございません。
当社は本レポートの内容に依拠してお客様が取った行動の結果に対し責任を負うものではございません。投資にかかる最終決定は、お客様ご自身の判断と責任でなさるようお願いいたします。
本レポートの内容に関する一切の権利は当社にありますので、当社の事前の書面による了解なしに転用・複製・配布することはできません。
当社でお取引いただく際は、所定の手数料や諸経費等をご負担いただく場合があります。お取引いただく各商品等には価格の変動・金利の変動・為替の変動等により、投資元本を割り込み、損失が生じるおそれがあります。また、発行者の経営・財務状況の変化及びそれらに関する外部評価の変化等により、投資元本を割り込み、損失が生じるおそれがあります。信用取引、先物・オプション取引、外国為替証拠金取引をご利用いただく場合は、所定の保証金・証拠金をあらかじめいただく場合がございます。これらの取引には差し入れた保証金・証拠金(当初元本)を上回る損失が生じるおそれがあります。
なお、各商品毎の手数料等およびリスクなどの重要事項については、「リスク・手数料などの重要事項に関する説明」をよくお読みいただき、銘柄の選択、投資の最終決定は、ご自身のご判断で行ってください。

Ketty氏 プロフィール

Ketty 氏

大学時代に父親が破産し、自分でお金を稼いで自立する大切さを知る。卒業後、秘書検定講座やビジネスマナー講座、就職支援などの講師をする傍ら経営コンサルト会社に勤務。その後、自分のビジネスを模索し、職業訓練校を開校・アフィリエイトやアービトラージ等様々なネットビジネスに挑戦したのち、FXの道を究めることを決意。熱心に勉強に励み、戦略動画を掲載する。その後2013年にリアルトレードを開始し、トレード口座を開講。多くの受講生に対して「自分の性格とライフスタイルに合ったトレード」をモットーに講義している。
『ケッティーFXの教科書コース・オンラインコース・コンサルコース』で講義中。
ブログ:ケッティーのFX

当コラムに関するご意見やご感想、筆者への叱咤激励のメールは以下のアドレスへお願いいたします。

feedback@monex.co.jp

掲載されている内容は、金融・為替市場に関する情報の提供を目的とし、勧誘を目的としたものではありません。また、その正確性および完全性を保証するものではありません。最終的な投資決定は、お客様ご自身の判断で行われますようお願いいたします。万一、この情報に基づいて取引をされ損害を被った場合においても、当社および本資料中に引用・掲載した情報の提供者は一切責任を負いません。本件に関するお問合わせはこちらまでお願いいたします。

お客様サポート

最短5分お申込み完了!

たったの3ステップでお取引開始。口座開設費用、口座維持費用は無料です。

お問合せ

マネックス証券FX・先物オプション・米国株ダイヤル

0120-911-440
(通話料無料)
携帯・PHS 03-6737-1668
(通話料お客様負担)

受付時間 平日8:00~17:00

ページトップ