ウィークリー・コラム

珠玉のコラムニスト達による、FXコラム。
マーケット全般の話題から自身のトレード手法まで、バラエティーに富んだラインナップで公開します。
ここでは1週間前の記事から公開されていますが、口座開設された方は取引画面内にて最新の記事がご覧いただけます。

”一目均衡表”の確立者「一目山人」三代目
細田 哲生 氏 ウィークリー・コラム
火曜更新予定(本ページでは前週分から公開)

最新版はログイン後にチェック!

細田 哲生氏

細田 哲生 氏(”一目均衡表”の確立者「一目山人」三代目)

為替情報レポートやインジケーターを利用した実際の取引手法を、テクニカルの視点からお届け。

米ドル/円で重視する変化日は1月29日、30日

更新日時:2019年1月29日 10:00

1月15日のコラム「米ドル/円、均衡表の変化を重視」では均衡表の受動的変化に注目し、基準線と転換線が近接する重要変化日1月18日の位置と変化が大事と述べました。

実際の変動は受動的に上昇した日足転換線を割らずに僅かながら上昇し、転換線を上抜き1月18日までの上昇となっています。

下げ局面で重視した108円台計算値は回復したものの、前回述べているように月足、週足均衡表に上値を抑えられる形となっています。また1月18日は2016年6月安値から668日目、これは2012年11月9日から15年6月高値までの上昇668日に見合う大きな三波動構成変化日となっており、中間波動の放れのポイントになりかねない位置となります。

特に2018年10月4日高値から65日目が1月3日安値となっているだけに、76日目1月18日、83日目1月29日の現れ方は大事といえますが、現時点で1月18日高値を超えられていない点は注意する必要があるでしょう(後半の図表2で詳細説明します)。

重視する変化日は1月29日、30日となりますが前回同様均衡表の受動的変化は続きます。
まずこの点整理を。

【図表1】米ドル/円(日足)

HO20190122_1.png

出所:筆者作成


1月18日を上抜いて上げるようならば遅行スパンは相場実線に近接しますからこの2本の線の反応が大事となりますが、仮に相場が動かないと仮定すれば基準線と転換線は図表1のように変化します。

1月22日現在の基準線は109.044円、転換線は108.828円となっていますが、以降基準線は1月28日108.033円まで下げ、転換線は109.129円まで上げてくることなります。

転換線が基準線を上抜くことを均衡表の好転と言いますが、ここでの好転は必ずしも相場の上昇に直結するものではありません。

基準線が受動的には下げ続けることがあらかじめ想定できるからでありますが、要するに基準線と転換線の交わりは過去26日間をモミアイ相場とみなせるということであり、底値固めか中断モミかは過去からの変動によります。

現時点では下げ切った基準線水準が今後のモミアイ水準を示唆する可能性がありますが、それ故に基準線割れでは下げ三波動がより強調されること予めご理解ください。

【図表2】米ドル/円(週足)

HO20190122_2.png

出所:筆者作成


図表2は週足チャートとなりますが、時間関係は日足での日数を載せてあります。

1月29日、30日を重視する理由は2018年10月高値位置の時間関係を重視しているからです。
2018年10月4日高値位置は2015年6月高値からの下げ過程で戻り高値を演じた2016年3月高値と同水準でありました。

2016年3月高値から2018年10月高値までの時間は675日、一巡環676日の一日違いとなっています。

2018年10月高値からの下落で1月3日に2018年3月安値を割り込む結果となりましたが、この水準は2016年6月安値からの底値モミ水準と言ってよいものであります。

従って2016年6月安値からの一巡環676日目1月30日の現れ方が大事でありまして、1月30日以降の下落では2018年3月安値割れの影響を受けざるを得ない(2016年12月高値からの下げ三波動の時間は現時点で大いに余っている)という判断であります。

一巡環676日は基本数値の最大のものとしてご記憶ください。

9日 一節
26日 一期(三節)
76日 一巡(三期)
226日 一環(三巡)
676日 一巡環(三環)

上昇、下落がいかに強調されてもこれらの時間経過ではひとまず考えを整理しなければならないというほどのものですが機会があれば改めて述べます。

ご留意いただきたい事項

マネックス証券(以下当社)は、本レポートの内容につきその正確性や完全性について意見を表明し、また保証するものではございません。記載した情報、予想および判断は有価証券の購入、売却、デリバティブ取引、その他の取引を推奨し、勧誘するものではございません。当社が有価証券の価格の上昇又は下落について断定的判断を提供することはありません。
本レポートに掲載される内容は、コメント執筆時における筆者の見解・予測であり、当社の意見や予測をあらわすものではありません。また、提供する情報等は作成時現在のものであり、今後予告なしに変更又は削除されることがございます。
当画面でご案内している内容は、当社でお取扱している商品・サービス等に関連する場合がありますが、投資判断の参考となる情報の提供を目的としており、投資勧誘を目的として作成したものではございません。
当社は本レポートの内容に依拠してお客様が取った行動の結果に対し責任を負うものではございません。投資にかかる最終決定は、お客様ご自身の判断と責任でなさるようお願いいたします。
本レポートの内容に関する一切の権利は当社にありますので、当社の事前の書面による了解なしに転用・複製・配布することはできません。
当社でお取引いただく際は、所定の手数料や諸経費等をご負担いただく場合があります。お取引いただく各商品等には価格の変動・金利の変動・為替の変動等により、投資元本を割り込み、損失が生じるおそれがあります。また、発行者の経営・財務状況の変化及びそれらに関する外部評価の変化等により、投資元本を割り込み、損失が生じるおそれがあります。信用取引、先物・オプション取引、外国為替証拠金取引をご利用いただく場合は、所定の保証金・証拠金をあらかじめいただく場合がございます。これらの取引には差し入れた保証金・証拠金(当初元本)を上回る損失が生じるおそれがあります。
なお、各商品毎の手数料等およびリスクなどの重要事項については、「リスク・手数料などの重要事項に関する説明」をよくお読みいただき、銘柄の選択、投資の最終決定は、ご自身のご判断で行ってください。

細田 哲生氏 プロフィール

細田 哲生氏

昭和43年11月生まれ。一目山人の意思を引き継ぎ、正しい一目均衡表の使い方を普及することに従事。経済変動総研主催の、「一目均衡表倶楽部」「メールマガジン株式レター」にて一目均衡表による相場解説、罫線講座を執筆中。「一目均衡表」確立者である一目山人(細田悟一氏)の孫にあたる。

当コラムに関するご意見やご感想、筆者への叱咤激励のメールは以下のアドレスへお願いいたします。

feedback@monex.co.jp

掲載されている内容は、金融・為替市場に関する情報の提供を目的とし、勧誘を目的としたものではありません。また、その正確性および完全性を保証するものではありません。最終的な投資決定は、お客様ご自身の判断で行われますようお願いいたします。万一、この情報に基づいて取引をされ損害を被った場合においても、当社および本資料中に引用・掲載した情報の提供者は一切責任を負いません。本件に関するお問合わせはこちらまでお願いいたします。

お客様サポート

最短5分お申込み完了!

たったの3ステップでお取引開始。口座開設費用、口座維持費用は無料です。

お問合せ

マネックス証券FX・先物オプション・米国株ダイヤル

0120-911-440
(通話料無料)
携帯・PHS 03-6737-1668
(通話料お客様負担)

受付時間 平日8:00~17:00

ページトップ