ウィークリー・コラム

珠玉のコラムニスト達による、FXコラム。
マーケット全般の話題から自身のトレード手法まで、バラエティーに富んだラインナップで公開します。
ここでは1週間前の記事から公開されていますが、口座開設された方は取引画面内にて最新の記事がご覧いただけます。

”一目均衡表”の確立者「一目山人」三代目
細田 哲生 氏 ウィークリー・コラム
火曜更新予定(本ページでは前週分から公開)

最新版はログイン後にチェック!

細田 哲生氏

細田 哲生 氏(”一目均衡表”の確立者「一目山人」三代目)

為替情報レポートやインジケーターを利用した実際の取引手法を、テクニカルの視点からお届け。

2月の重要変化日

更新日時:2019年2月12日 10:00

前回掲載のコメントでは2016年安値から一巡環(676日)経過の1月30日の変化の仕方が大事であるとし、変化なくずれ込むようなら日足基準線の受動的変化が起こる2月7日、8日の反応を重視すると述べました。
実際の変動は1月31日108.498円まで下げた後、2月4日110.161円と1月23日高値を僅かながら更新する結果となっています。
1月23日V値は111.494円となりますが、これは2018年12月26日高値水準でありまして変化日2月7日まで急騰あっても先行スパンに上値を抑えられる可能性が出て来ます。
反動の規模によっては超える可能性のある各均衡表も超えきれずという状態を作りかねず、先週変動で方向性が明確になったと捉えることは出来ません。
今週は特に2月7日、8日の変化の仕方に注目しつつ見極めが必要な位置との認識ですが、今回は2月の変化日確認と、各均衡表の整理をしておきます。


2月変化日は2月7日、11日、18日、22日などがあります。
2月7日は1月3日安値から26日目、基本数値であると同時に2018年11月28日からの下落日数でもあります。11月12日から38日間の下落、10月高値から65日間の下落もまた今後影響力を及ぼす可能性がありまして、2月7日以降の下落では1月3日から38日目2月25日などは大事になってくるでしょう。
2月11日は2016年6月安値から684日目、2013年11月7日から2016年6月安値までの日数684日に見合う変化日、2月18日は2016年6月安値から689日目、これは2012年10月安値から2015年6月高値までの上昇日数689日に見合う変化日となります。
これら変化日が直近変動とどのよう合ってくるか(波動論的に)が大事でありますが今のところの変動は1月3日を除いて限られたものになっておりなんとも言えない状況が続いているのであります。


各均衡表を見てみましょう。
HO20190205_1.png

図は日足均衡表となります。
現在位置は遅行スパンが好転できるかどうか、先行スパンを超えきれるかどうかが試される局面と言えますが、2月7日反動無く推移ならば何れも超えることが分かります。
基準線は2月7日先行スパン下限水準まで上げてきますから、下げるケースでは基準線を割らずに済むかどうかが大事となります。基準線割れでは遅行スパンは一旦好転できても好転状態は続かない可能性が高いことも予めわかります。

HO20190205_2.png


図は週足均衡表となります。
先行スパン上限を超えれば相場実線の上値を阻む均衡表は無いものの、遅行スパンは今後の上昇があっても簡単に好転することは出来ません。
基準線は相当期間動かぬことが分かりますが、転換線は受動的に下げ続けることが分かるでしょう。
現在位置から上げられず基準線を割るようなケースでは転換線までの下落は視野に入れなければならなくなります。
また週足転換線は2月末まで下げ続け、その翌週には極端に上昇します。(今週末の日足基準線のように)相場の位置によっては必ずこの局面は大事になるのでご記憶ください。

HO20190205_3.png


図は月足均衡表となります。

転換線は当面変化がないものの基準線は今月111.584円、(これは先に述べた1月23日V計算値水準でもあります。)3月に入れば110.553円まで受動的に下げてきます。

また遅行スパンは週足以上に好転は難しく、下げるケースでは転換線108.576円割れは下げ幅が出てしまう可能性が高いと言える相場位置であります。


以上各均衡表ともに上下極めて限定的に値段が出ています。
これらを逸脱しない限り方向性は明確になりにくい(基本波動が定まらない)訳でありますが、それ故に細かく対処できることも今後出てくることになります。
何れにしても1月3日の変動があったがために現在位置ではなかなか仕掛けが出来ませんが、2月7日以降の変動で細かくコメントできることも出てくるかと思います。

 

ご留意いただきたい事項

マネックス証券(以下当社)は、本レポートの内容につきその正確性や完全性について意見を表明し、また保証するものではございません。記載した情報、予想および判断は有価証券の購入、売却、デリバティブ取引、その他の取引を推奨し、勧誘するものではございません。当社が有価証券の価格の上昇又は下落について断定的判断を提供することはありません。
本レポートに掲載される内容は、コメント執筆時における筆者の見解・予測であり、当社の意見や予測をあらわすものではありません。また、提供する情報等は作成時現在のものであり、今後予告なしに変更又は削除されることがございます。
当画面でご案内している内容は、当社でお取扱している商品・サービス等に関連する場合がありますが、投資判断の参考となる情報の提供を目的としており、投資勧誘を目的として作成したものではございません。
当社は本レポートの内容に依拠してお客様が取った行動の結果に対し責任を負うものではございません。投資にかかる最終決定は、お客様ご自身の判断と責任でなさるようお願いいたします。
本レポートの内容に関する一切の権利は当社にありますので、当社の事前の書面による了解なしに転用・複製・配布することはできません。
当社でお取引いただく際は、所定の手数料や諸経費等をご負担いただく場合があります。お取引いただく各商品等には価格の変動・金利の変動・為替の変動等により、投資元本を割り込み、損失が生じるおそれがあります。また、発行者の経営・財務状況の変化及びそれらに関する外部評価の変化等により、投資元本を割り込み、損失が生じるおそれがあります。信用取引、先物・オプション取引、外国為替証拠金取引をご利用いただく場合は、所定の保証金・証拠金をあらかじめいただく場合がございます。これらの取引には差し入れた保証金・証拠金(当初元本)を上回る損失が生じるおそれがあります。
なお、各商品毎の手数料等およびリスクなどの重要事項については、「リスク・手数料などの重要事項に関する説明」をよくお読みいただき、銘柄の選択、投資の最終決定は、ご自身のご判断で行ってください。

細田 哲生氏 プロフィール

細田 哲生氏

昭和43年11月生まれ。一目山人の意思を引き継ぎ、正しい一目均衡表の使い方を普及することに従事。経済変動総研主催の、「一目均衡表倶楽部」「メールマガジン株式レター」にて一目均衡表による相場解説、罫線講座を執筆中。「一目均衡表」確立者である一目山人(細田悟一氏)の孫にあたる。

当コラムに関するご意見やご感想、筆者への叱咤激励のメールは以下のアドレスへお願いいたします。

feedback@monex.co.jp

掲載されている内容は、金融・為替市場に関する情報の提供を目的とし、勧誘を目的としたものではありません。また、その正確性および完全性を保証するものではありません。最終的な投資決定は、お客様ご自身の判断で行われますようお願いいたします。万一、この情報に基づいて取引をされ損害を被った場合においても、当社および本資料中に引用・掲載した情報の提供者は一切責任を負いません。本件に関するお問合わせはこちらまでお願いいたします。

お客様サポート

最短5分お申込み完了!

たったの3ステップでお取引開始。口座開設費用、口座維持費用は無料です。

お問合せ

マネックス証券FX・先物オプション・米国株ダイヤル

0120-911-440
(通話料無料)
携帯・PHS 03-6737-1668
(通話料お客様負担)

受付時間 平日8:00~17:00

ページトップ