ウィークリー・コラム

珠玉のコラムニスト達による、FXコラム。
マーケット全般の話題から自身のトレード手法まで、バラエティーに富んだラインナップで公開します。
ここでは1週間前の記事から公開されていますが、口座開設された方は取引画面内にて最新の記事がご覧いただけます。

”一目均衡表”の確立者「一目山人」三代目
細田 哲生 氏 ウィークリー・コラム
火曜更新予定(本ページでは前週分から公開)

最新版はログイン後にチェック!

細田 哲生氏

細田 哲生 氏(”一目均衡表”の確立者「一目山人」三代目)

為替情報レポートやインジケーターを利用した実際の取引手法を、テクニカルの視点からお届け。

米ドル/円、3月13日の反応は大事

更新日時:2019年3月19日 10:00

【図表1】米ドル/円(日足)

HO20190312_1.png

出所:筆者作成


前回のコラム「米ドル/円、3月1日高値の重要性」では3月1日高値決まりを懸念、遅行スパンが先行スパンを超えられるかどうか、またその超え方が大事と述べました。

実際の変動は3月5日にわずかながら3月1日高値を超えたものの、遅行スパンは先行スパンを超えきれず転換線を割り込む結果となりました。

受動的に上昇してきた基準線を割り込まずに推移してはいますが、遅行スパンは先行スパンを超えておりません。

遅行スパンが先行スパンに沿って下げる(つまり相場実線が現在位置から下げる)ケースは多々あることです。また、遅行スパンが先行スパンと交わる日が変化日であることもここでは特に注意が必要といえるでしょう。

3月13日は2013年10月9日安値から2016年安値まで706日に対し、2016年安値から706日目の大きな三波動構成変化日となります。しかし、2013年10月9日安値は、2013年相場におけるP波動の連続過程(三角持ち合い)における1つの安値に過ぎず、決定的な相場の起点と置くには難があります。

しかしながら、3月1日変化日の高値決まり(終値では3月1日が高値)を経て来ているだけに、13日からの騰落は目先変動において非常に大事とせねばなりません。

3月13日からの上昇ならば1月3日からの上昇継続ということになります。しかし、これまで述べてきているように1月3日からの波動数を重ねすぎていることがネックとなります。

細かく変化日、計算値が出てくるかでありますが、1月3日から65日目(2018年10月高値から1月3日まで65日の下落)4月5日、76日目4月22日までの上昇余力がある可能性は、考えてよいでしょう。

9週足は現在3陽連目となっています。現在位置からの上昇ならば9陽連が出る可能性が高いのです。

9陽連目が4月22日週となります。9週足は2018年4月16日週の陽転から17陽連、1陰、3陽連、1陰、10陽連、2陰、1陽、10陰連を経ての現在の陽連ですから、前10陰連に対し10陽連が出る可能性は高いといえます。

逆に下げるケースでは3月13日を中心とする下げ時間、下げ幅にとどまるかどうかが大事となります。

3月1日から見れば、3月13日まで8日、3月13日から8日目の3月22日が大事、3月5日から見れば6日、6日で3月20日が大事ということになります。

中間波動の観点からは、2018年12月13日から1月3日までの下落日数15日以上の下落は下げが優先されることになります。

従って13日から下げるケースでは、3月22日以降の下落は4月5日までの下げに直結しやすいものとなります。


各線の交わりは目先の中心を示唆

今回久しぶりに基本事項を。

【図表2】米ドル/円(日足)

HO20190312_2.png

出所:筆者作成


均衡表各線は原則的には押し、戻りの限界を見るものとなります。

1月3日安値からの変動では、ここまで一度も基準線を割らず、転換線を押し目とする変動を続けてきました。

途中何度か転換線を割り込む局面がありましたが、終値で高値から転換線までの下げ幅以上に下げる、あるいは高値から転換線割れまでの時間以上下げることは一度もありませんでした。

均衡表各線は押し、戻りとして働かないケースでは目先の中心を示唆するものであることをご確認ください。

これは転換線、基準線に限った話ではなく遅行スパン、先行スパンも同様です。

2月4日に遅行スパンは相場実線と交わっていますが安値から遅行スパン好転までの日数が遅行スパン好転から高値までの日数と同じになるケースは多々あります。

この日足変動では、1月10日安値から2月4日まで19日に対し、2月4日から19日目が3月1日となっています。1月3日から見れば24日、24日で今日1月12日がひとまずの限界となります。

ここで大事なことは、終値ベースでみても遅行スパン後の上昇力は安値から遅行スパンまでの値幅に限定されていることです。

ある局面で上昇極端化という現れ方(原則的には三波動の時間内に計算値を超えるという現れ方)がなければ方向性は明確化しません。その意味でも図表だけで判断してはいけないということになるかと思います。

今回は、それぞれの線が目先の中心になるということを覚え、ご自身で確認してください。

 

ご留意いただきたい事項

マネックス証券(以下当社)は、本レポートの内容につきその正確性や完全性について意見を表明し、また保証するものではございません。記載した情報、予想および判断は有価証券の購入、売却、デリバティブ取引、その他の取引を推奨し、勧誘するものではございません。当社が有価証券の価格の上昇又は下落について断定的判断を提供することはありません。
本レポートに掲載される内容は、コメント執筆時における筆者の見解・予測であり、当社の意見や予測をあらわすものではありません。また、提供する情報等は作成時現在のものであり、今後予告なしに変更又は削除されることがございます。
当画面でご案内している内容は、当社でお取扱している商品・サービス等に関連する場合がありますが、投資判断の参考となる情報の提供を目的としており、投資勧誘を目的として作成したものではございません。
当社は本レポートの内容に依拠してお客様が取った行動の結果に対し責任を負うものではございません。投資にかかる最終決定は、お客様ご自身の判断と責任でなさるようお願いいたします。
本レポートの内容に関する一切の権利は当社にありますので、当社の事前の書面による了解なしに転用・複製・配布することはできません。
当社でお取引いただく際は、所定の手数料や諸経費等をご負担いただく場合があります。お取引いただく各商品等には価格の変動・金利の変動・為替の変動等により、投資元本を割り込み、損失が生じるおそれがあります。また、発行者の経営・財務状況の変化及びそれらに関する外部評価の変化等により、投資元本を割り込み、損失が生じるおそれがあります。信用取引、先物・オプション取引、外国為替証拠金取引をご利用いただく場合は、所定の保証金・証拠金をあらかじめいただく場合がございます。これらの取引には差し入れた保証金・証拠金(当初元本)を上回る損失が生じるおそれがあります。
なお、各商品毎の手数料等およびリスクなどの重要事項については、「リスク・手数料などの重要事項に関する説明」をよくお読みいただき、銘柄の選択、投資の最終決定は、ご自身のご判断で行ってください。

細田 哲生氏 プロフィール

細田 哲生氏

昭和43年11月生まれ。一目山人の意思を引き継ぎ、正しい一目均衡表の使い方を普及することに従事。経済変動総研主催の、「一目均衡表倶楽部」「メールマガジン株式レター」にて一目均衡表による相場解説、罫線講座を執筆中。「一目均衡表」確立者である一目山人(細田悟一氏)の孫にあたる。

当コラムに関するご意見やご感想、筆者への叱咤激励のメールは以下のアドレスへお願いいたします。

feedback@monex.co.jp

掲載されている内容は、金融・為替市場に関する情報の提供を目的とし、勧誘を目的としたものではありません。また、その正確性および完全性を保証するものではありません。最終的な投資決定は、お客様ご自身の判断で行われますようお願いいたします。万一、この情報に基づいて取引をされ損害を被った場合においても、当社および本資料中に引用・掲載した情報の提供者は一切責任を負いません。本件に関するお問合わせはこちらまでお願いいたします。

お客様サポート

最短5分お申込み完了!

たったの3ステップでお取引開始。口座開設費用、口座維持費用は無料です。

お問合せ

マネックス証券FX・先物オプション・米国株ダイヤル

0120-911-440
(通話料無料)
携帯・PHS 03-6737-1668
(通話料お客様負担)

受付時間 平日8:00~17:00

ページトップ