ウィークリー・コラム

珠玉のコラムニスト達による、FXコラム。
マーケット全般の話題から自身のトレード手法まで、バラエティーに富んだラインナップで公開します。
ここでは1週間前の記事から公開されていますが、口座開設された方は取引画面内にて最新の記事がご覧いただけます。

”一目均衡表”の確立者「一目山人」三代目
細田 哲生 氏 ウィークリー・コラム
火曜更新予定(本ページでは前週分から公開)

最新版はログイン後にチェック!

細田 哲生氏

細田 哲生 氏(”一目均衡表”の確立者「一目山人」三代目)

為替情報レポートやインジケーターを利用した実際の取引手法を、テクニカルの視点からお届け。

過去の記事一覧

2019年3月25日
レポート掲載ページ変更のお知らせ
2019年3月19日
米ドル/円、3月13日の反応は大事
2019年3月12日
米ドル/円、3月1日高値の重要性
2019年3月 5日
米ドル/円、3月の重要変化日
2019年2月26日
米ドル/円、転換線割れを危惧
2019年2月19日
問題は波動数の多さ
2019年2月12日
2月の重要変化日
2019年2月 5日
2016年安値からの一巡環(676日)経過に注目
2019年1月29日
米ドル/円で重視する変化日は1月29日、30日
2019年1月22日
均衡表の変化を重視
2019年1月15日
変化日を整理
2019年1月11日
新年波乱をどう捉えるか
2019年1月 1日
2019年ドル円展望
2018年12月18日
各均衡表を整理
2018年12月11日
三角持ち合い後の放れは方向性が明確化しにくい
2018年12月 4日
モミアイ放れの目途  第31回
2018年11月27日
11月19日安値割れは下げを示唆 第30回
2018年11月20日
次の変化日11月19日、引き続きはっきりしないが堅調か 第29回
2018年11月13日
目先変化日は11月12日、13日、方向性ははっきりしない 第28回
2018年11月 6日
方向性定まらず 第27回
2018年10月30日
目先変動で何を重視すべきか 第26回
2018年10月23日
相場の強弱の測り方 第25回
2018年10月16日
10月4日の位置が問題 第24回
2018年10月 9日
9月26日からの続伸は評価 第23回
2018年10月 2日
変化日9月26日の反応が大事 第22回
2018年9月25日
N計算値112.435を超えれば上昇極端化も 第21回
2018年9月18日
10月9日を重視 第20回
2018年9月11日
各均衡表に注目 第19回
2018年9月 4日
9月第二週を重視 第18回
2018年8月28日
目先の注目点 第17回
2018年8月21日
9週足、26週足から見たドル円相場 第16回
2018年8月14日
変化日8月10日以降の下落は下げを示唆 第15回
2018年8月 7日
遅行スパンに注目 第14回
2018年7月31日
重要変化日7月24日、反応の有無は大事 第13回
2018年7月24日
変化日7月24日を重視、計算値から相場の勢いを確認
2018年7月17日
今一度整理を 第11回
2018年7月10日
7月5日変化日、以降の上昇なら今後に期待も
2018年7月 3日
変化日6月28日からの変動は大事、ただし当面下げ時代 第9回
2018年6月26日
細かく対処を 第8回
2018年6月19日
6月14日の現れ方に注目 第7回
2018年6月12日
重要変化日後の続伸をどうみるか
2018年6月 5日
変化日6月4日、7月変化日まで低調か 第5回
2018年5月29日
変化日5月22日、反応が大事 第4回
2018年5月22日
変化日5月15日、反応が大事 第3回
2018年5月15日
時間関係が大事 第2回
2018年5月 8日
現状確認 第1回
  • 1

細田 哲生氏 プロフィール

細田 哲生氏

昭和43年11月生まれ。一目山人の意思を引き継ぎ、正しい一目均衡表の使い方を普及することに従事。経済変動総研主催の、「一目均衡表倶楽部」「メールマガジン株式レター」にて一目均衡表による相場解説、罫線講座を執筆中。「一目均衡表」確立者である一目山人(細田悟一氏)の孫にあたる。

当コラムに関するご意見やご感想、筆者への叱咤激励のメールは以下のアドレスへお願いいたします。

feedback@monex.co.jp

掲載されている内容は、金融・為替市場に関する情報の提供を目的とし、勧誘を目的としたものではありません。また、その正確性および完全性を保証するものではありません。最終的な投資決定は、お客様ご自身の判断で行われますようお願いいたします。万一、この情報に基づいて取引をされ損害を被った場合においても、当社および本資料中に引用・掲載した情報の提供者は一切責任を負いません。本件に関するお問合わせはこちらまでお願いいたします。

お客様サポート

最短5分お申込み完了!

たったの3ステップでお取引開始。口座開設費用、口座維持費用は無料です。

お問合せ

マネックス証券FX・先物オプション・米国株ダイヤル

0120-911-440
(通話料無料)
携帯・PHS 03-6737-1668
(通話料お客様負担)

受付時間 平日8:00~17:00

ページトップ