お知らせ

  • 2018年2月 2日お知らせ

    ウィークリーレポートが増強されます

    ウィークリーレポートが増強されます

    マネックスFXで現在週に4本更新されているFXウィークリーレポートに、2月8日より、著名FXトレーダーKetty氏によるファンダメンタルズ解説/取引心得が加えられることとなりました。
    主にポンド/円、ポンド/ドルに関するレポートをファンダメンタルズ、またテクニカルの視点からお届けします。FXウィークリーレポートは、いずれも当社マネックスFXの口座をお持ちのお客様なら、取引画面内の「お知らせ」欄にて、どなたでも最新版が閲覧できます。1週間遅れの記事は、マネックスFXのウェブサイト上で一般公開しております。マネックスFXの口座をお持ちでない方は、口座開設・維持費は一切かかりませんので、是非この機会に口座開設をご検討ください。

    筆者ご紹介

    ketty

    Ketty 氏

    大学時代に父親が破産し、自分でお金を稼いで自立する大切さを知る。卒業後、秘書検定講座やビジネスマナー講座、就職支援などの講師をする傍ら経営コンサルト会社に勤務。その後、自分のビジネスを模索し、職業訓練校を開校・アフィリエイトやアービトラージ等様々なネットビジネスに挑戦したのち、FXの道を究めることを決意。熱心に勉強に励み、戦略動画を掲載する。その後2013年にリアルトレードを開始し、トレード口座を開講。多くの受講生に対して「自分の性格とライフスタイルに合ったトレード」をモットーに講義している。
    『ケッティーFXの教科書コース・オンラインコース・コンサルコース』で講義中。

    ブログ:ケッティーのFX

    マネックスFX(店頭外国為替証拠金取引)に関する重要事項

    <リスク>
    マネックスFXでは、取引対象である通貨の価格の変動により元本損失が生じることがあります。また、取引金額が預託すべき証拠金の額に比して大きいため(具体的な倍率は当社ウェブサイトをよくご確認ください)、取引対象である通貨の価格の変動により、その損失の額が証拠金の額を上回る(元本超過損)ことがあります。 さらに、取引対象である通貨の金利の変動により、スワップポイントが受取りから支払いに転じることがあります。マネックスFXは、店頭取引であるため、当社・カバー先の信用状況の悪化等により元本損失が生じることがあります。マネックスFXでは、損失が一定比率以上になった場合に自動的に反対売買により決済されるロスカットルールが設けられていますが、相場の急激な変動により、元本超過損が生じることがあります。加えて、相場の急激な変動により、意図した取引ができない可能性があります。
    <手数料等>
    マネックスFXでは、取引手数料はかかりません。当社は、通貨ペアごとにオファー価格(ASK)とビッド価格(BID)を同時に提示します。オファー価格とビッド価格には差額(スプレッド)があり、オファー価格はビッド価格よりも高くなっています。流動性の低下、相場の急激な変動により、スプレッドの幅は拡大することがあります。
    <証拠金>
    マネックスFXでは、取引通貨の為替レートに応じた取引額に対して一定の証拠金率以上で当社が定める金額の証拠金(必要証拠金)が必要となります。一定の証拠金率とは以下のとおりです。ただし、相場の急激な変動等の事由が発生した場合には当社判断により変更することがあります。
    (個人口座)
    レバレッジコースに応じ、4%(一部の通貨ペアでは8%、詳細は当社ウェブサイトをご確認ください)~100%の間で証拠金率を定めます。
    (法人口座)
    金融商品取引業等に関する内閣府令第117条第27項第1号の定める定量的計算モデルにより金融先物取引業協会が算出した通貨ペアごとの為替リスク想定比率です。ただし、金融先物取引業協会の算出した為替リスク想定比率が、当社が通貨ペアごとに定める最低証拠金率(原則1%、一部の通貨ペアでは8%、詳細は当社ウェブサイトをご確認ください)を下回る場合には、当社が通貨ペアごとに定める最低証拠金率を優先させることとします。
    <その他>
    お取引の際は、当社ウェブサイトに掲載の「契約締結前交付書面」「リスク・手数料などの重要事項に関する説明」を必ずお読みください。

最短5分お申込み完了!

たったの3ステップでお取引開始。口座開設費用、口座維持費用は無料です。

お問合せ

マネックス証券FX・先物オプション・米国株ダイヤル

0120-911-440
(通話料無料)
携帯・PHS 03-6737-1668
(通話料お客様負担)

受付時間 平日8:00~17:00

ページトップ