両建て時の
証拠金計算ルール

両建て取引に関する証拠金計算において、2012年3月17日以降、これまでの「積み上げ方式」から「両建てMAX方式」に切り替わりました。

両建てMAX方式とは

「両建てMAX方式」は、従来の証拠金計算方式と比較すると、両建てに必要な証拠金額が減少し、取引余力が増加します。

  • 従来の証拠金計算方式

    両建てとなる建玉・未約定注文は、売り・買いそれぞれに証拠金が必要

  • 両建てMAX方式

    両建てとなる建玉・未約定注文は、売り、買いそれぞれに必要な証拠金額を比較して大きい額を必要証拠金額とする

    • 複数の通貨ペアに両建てが存在する場合、必要証拠金額は通貨ペアごとに計算されます。

両建てMAX方式の具体例

具体的に両建てMAX方式による証拠金の計算例をいくつか見てみましょう。
以下の例では、必要証拠金をUSD/JPYの場合、40,000円/10,000通貨、AUD/JPY の場合、26,000円/10,000通貨としています。

例1 同一通貨ペアで、売り・買い同数の建玉を保有しているケース

  • 単一通貨ペア:建玉のみ

    単一通貨ペア:建玉のみ

  • 設定条件

    USD/JPY
    建玉数量 100,000 100,000
    建玉必要証拠金 400,000円(A) 400,000円(B)
    総必要証拠金 400,000円(C) 400,000円(D)

計算式

従来の証拠金計算方式 両建てMAX計算方式
建玉必要証拠金 A + B = 800,000円 MAX( A , B ) = 400,000円
総必要証拠金 C + D = 800,000円 MAX( C , D ) = 400,000円

計算結果

従来の証拠金計算方式 両建てMAX計算方式
建玉必要証拠金 800,000円 400,000円
総必要証拠金 800,000円 400,000円

例2 USD/JPYの買建玉10万通貨を保有し、
新規でUSD/JPYの売り注文を10万通貨発注した場合

上記例1と同様となります。

ご注意事項

注文発注時に証拠金維持率が100%を下回っている場合は、両建て注文はできません。
事前に指値などで両建て注文を出していた場合、指定の値段に達した時点で証拠金維持率が100%を下回っていると両建て注文は約定しません。

例3 同一通貨ペアで、売建玉10万通貨、買建玉7万通貨を保有しているケース

  • 単一通貨ペア:建玉のみ

    単一通貨ペア:建玉のみ

  • 設定条件

    USD/JPY
    建玉数量 100,000 70,000
    建玉必要証拠金 400,000円(A) 280,000円(B)
    総必要証拠金 400,000円(C) 280,000円(D)

計算結果

従来の証拠金計算方式 両建てMAX計算方式
建玉必要証拠金 680,000円 400,000円
総必要証拠金 680,000円 400,000円
  • 40万円で17万通貨の建玉が可能です。

例4 USD/JPYの売建玉10万通貨、買建玉7万通貨、AUD/JPYの売建玉5万通貨、
買建玉10万通貨を保有しているケース

  • 複数通貨ペア:建玉のみ

    複数通貨ペア:建玉のみ

  • 設定条件

    USD/JPY
    建玉数量 100,000 70,000
    建玉必要証拠金 400,000円(A) 280,000円(B)
    総必要証拠金 400,000円(C) 280,000円(D)
  • 複数通貨ペア:建玉のみ

  • 設定条件

    AUD/JPY
    建玉数量 50,000 100,000
    建玉必要証拠金 130,000円(E) 260,000円(F)
    総必要証拠金 130,000円(G) 260,000円(H)

計算式

従来の証拠金計算方式 両建てMAX計算方式
建玉必要証拠金 A + B + E + F = 1,070,000円 USD/JPY(X1) MAX( A , B ) = 400,000円
AUD/JPY(X2) MAX( E , F ) = 260,000円
結果 X1 + Y1 = 660,000円
総必要証拠金 C + D + G + H = 1,070,000円 USD/JPY(Y1) MAX( C , D ) = 400,000円
AUD/JPY(Y2) MAX( G , H ) = 260,000円
結果 X2 + Y2 = 660,000円

計算結果

従来の証拠金計算方式 両建てMAX計算方式
建玉必要証拠金 1,070,000円 660,000円
総必要証拠金 1,070,000円 660,000円

例5 同一通貨ペアで、売建玉10万通貨、買建玉7万通貨を保有し、
発注済みの売り注文5万通貨、買い注文10万通貨があるケース

  • 単一通貨ペア:建玉、発注済みの未約定注文

    単一通貨ペア:建玉、発注済みの未約定注文

  • 設定条件

    USD/JPY
    建玉数量 100,000 70,000
    建玉必要証拠金 400,000円(A) 280,000円(B)
    注文数量 50,000 100,000
    注文必要証拠金 200,000円(C) 400,000円(D)
    総必要証拠金 600,000円(E) 680,000円(F)

計算式

従来の証拠金計算方式 両建てMAX計算方式
建玉必要証拠金(X) A + B = 680,000円 MAX( A , B ) = 400,000円
注文必要証拠金 C + D = 600,000円 Y - X = 280,000円
総必要証拠金(Y) E + F = 1,280,000円 MAX( E , F ) = 680,000円

計算結果

従来の証拠金計算方式 両建てMAX計算方式
建玉必要証拠金 680,000円 400,000円
注文必要証拠金 600,000円 280,000円
総必要証拠金 1,280,000円 680,000円
ご注意事項
  • 両建て時に証拠金不足額が発生した場合、建玉の一部を決済しても証拠金不足額に充当されない場合があります。
    詳しくは両建て時に証拠金不足額が発生した際の解消方法をご確認ください。
  • 両建て取引は、お客様にとって、スプレッドコスト(bid[売値]とoffer[買値]の差)を二重に負担することや、支払いのスワップポイントと受取りのスワップポイントの差を負担することなどのデメリットがあり、経済合理性を欠くおそれがありますので、当社ではおすすめいたしません。

最短5分お申込み完了!

たったの3ステップでお取引開始。口座開設費用、口座維持費用は無料です。

お問合せ

マネックス証券FX・先物オプション・米国株ダイヤル

0120-911-440
(通話料無料)
携帯・PHS 03-6737-1668
(通話料お客様負担)

受付時間 平日8:00~17:00

ページトップ