証拠金維持率の
判定・強制決済

金融商品取引業などに関する内閣府令の改正により、当社では2010年8月1日から「証拠金維持率判定」を実施しております。
下記では、その判定ルールと強制決済についてご説明いたします。

証拠金維持率の判定について

個人のお客様は、当社の定める証拠金率判定時刻に4%以上の建玉必要証拠金をお預けいただくことが必要となります。
この判定の結果、不足金が発生している場合には、未約定の新規注文を自動的に取消いたします。

その後も引き続き証拠金不足額がある場合で、かつ証拠金不足額の解消(充当)が十分に行われなかった場合には、
18:00以降すみやかにすべての建玉を強制決済いたしますのでご注意ください※1

証拠金率の判定の図

  • ※1 当社が指定する特定日(クリスマスなど)においては、時刻が変更となる場合がございます。

証拠金維持率の判定時刻

毎営業日、当社終値に基づき、火曜日から土曜日の午前6:55以降に行います※2

  • ※2 米国夏時間時は、日本時間午前5:55以降

証拠金維持率の判定基準

対象となるレバレッジは下記の2つとなります。
4%以上の建玉必要証拠金があるかを、証拠金維持率が下記の基準以上であるかどうかで判定いたします。

対象レバレッジと判定基準

レバレッジ 証拠金維持率
25倍 100%以上
10倍 40%以上

証拠金不足が発生した場合

  • 1. 取引画面およびメールでお知らせ
    判定の結果、不足金が発生している場合には、その旨を、お客様のお取引画面上、
    およびメールによりお知らせいたします。
  • 2. 未約定の新規注文を自動取消
    未約定の新規単独注文および複合注文がある場合は自動的に注文取消を行います。
    取消された注文必要証拠金は、不足金額に充当されます。

証拠金不足額の解消(充当)方法

  • 1. 建玉の一部または全部を決済する
  • 2. 追加証拠金(追証)を入金する
  • 3. あるいは1と2の組み合わせ
ご注意事項
  1. 1.18:00の不足金の充当期限を迎える時点までに※3、為替相場の変動により評価損が減少し、実預託額が必要証拠金額に不足する状態が解消されていたとしても、一度認識された不足金は、上記いずれかの方法により必ず解消していただく必要がございます。
  2. 2.建玉決済することで不足額解消を行う場合、前営業日クローズレートで算出される建玉必要証拠金が不足金解消に充てられます。
  3. 3.両建てをしている場合、建玉の一部を決済しても証拠金不足額に充当されない場合があります。
    両建て時に証拠金不足額が発生した際の解消方法を見る
  • ※3 当社が指定する特定日(クリスマスなど)においては、時刻が変更となる場合がございます。

証拠金不足額の
ご入金に関するご注意

証拠金不足額のご入金は、証拠金不足が判定された日の15:00までにクイック入金により行ってください※4

15:00~18:00の間もクイック入金は受け入れますが、銀行での処理時間の遅延や、クイック入金手続き中のエラーなど、諸処の事情により入金確認に時間を要する事態となった場合、入金が即時に反映されません。余裕をもったお手続きをお願いします。

クイック入金以外のお振込みの場合は、ご入金の確認に時間を要し、入金が間に合わず、強制決済となる場合もございます。

不足額の入金処理中に、相場急変時などによりロスカット・ルールに抵触し、「自動ロスカット」が発動し全建玉が決済される場合がございます。

  • ※4 判定日が銀行休業日の場合、その日の強制決済はございません。翌銀行営業日の同時刻までに証拠金不足額をご確認うえ、手続きをお願いします。

強制決済について

維持率判定の結果、その後も引き続き証拠金不足額がある場合で、かつ証拠金不足額の解消(充当)が行われなかった場合には、証拠金不足の判定を行った日(銀行休業日の場合は翌銀行営業日)の18:00過ぎに最終判定を行い※5、判定後すみやかに強制決済を執行します。
証拠金不足により、強制決済が執行された場合は、その旨をお知らせ画面、およびメールでお知らせします。

  • ※5 当社が指定する特定日(クリスマスなど)においては、時刻が変更となる場合がございます。

両建て時に証拠金不足額が
発生した際の解消方法

当社では、両建てとなる建玉・未約定注文に関しては、通貨ペアごとに売り、買いそれぞれに必要な証拠金額を比較して大きい額をその通貨ペアに対する必要証拠金額とする「両建てMAX方式」を採用しております。
両建て時の必要証拠金額については、両建て時の証拠金計算ルールを必ずご確認ください。

例1 新規注文が取り消されることによって解消されるケース

証拠金維持率判定を行った際の状況を以下とした場合

  • 判定時点のUSD/JPYのレート:79.98-00
  • レバレッジ:25倍(4%)
  • 証拠金不足額:-20,000円

建玉と未約定注文の状況

建玉と未約定注文の状況

証拠金維持率判定時点の必要証拠金計算
(両建てMAX方式)

建玉 ①10,000 × 80.00円 × 4% ②7,000 × 79.98円 × 4%
建玉必要証拠金 32,000円(A) 22,394円(B)
注文 ③5,000 × 80.00円 × 4% ④12,000 × 79.98円 × 4%
注文必要証拠金 16,000円(C) 38,390円(D)
総必要証拠金 48,000円(E) 60,784円(F)

計算結果

建玉必要証拠金(X) MAX( A , B ) = 32,000円
注文必要証拠金 Y - X = 28,784円
総必要証拠金(Y) MAX( E , F ) = 60,784円

最初に新規注文が取り消されます。

最初に新規注文が取り消されます。

証拠金維持率判定時点の総必要証拠金で不足が発生した場合、最初に新規注文が取り消されます。
この場合、注文必要証拠金が証拠金不足額に充当されることで、証拠金不足額が解消されます。

計算式
-20,000円(証拠金不足額) + 28,784円(注文必要証拠金) = +8,784円(証拠金不足額解消)

例2 建玉の決済で証拠金不足額が解消されるケース

証拠金維持率判定を行った際の状況を以下とした場合

  • 判定時点のUSD/JPYのレート:79.98-00
  • レバレッジ:25倍(4%)
  • 売建玉:10,000通貨
  • 買建玉:7,000通貨
  • 証拠金不足額:-8,000円

建玉の状況

建玉の状況

証拠金維持率判定時点の必要証拠金計算
(両建てMAX方式)

建玉 10,000 × 80.00円 × 4% 7,000 × 79.98円 × 4%
建玉必要証拠金 32,000円(A) 22,394円(B)
総必要証拠金 32,000円(C) 22,394円(D)

計算結果

建玉必要証拠金 MAX( A , B ) = 32,000円
総必要証拠金 MAX( C , D ) = 32,000円

売建玉を3,000通貨決済します。

売建玉を3,000通貨決済します。

この場合、建玉の多い売建玉を3,000通貨決済したことで、証拠金不足額が解消されます。

計算式
3,000通貨×80.00円×4% = 9,600円が充当されます。
-8,000円(証拠金不足額) + 9,600円(充当額) = +1,600円(証拠金不足額解消)
ご注意事項

建玉数量が多い方(売建玉)の証拠金額が建玉必要証拠金として計上されているので
建玉が少ない方(買建玉)を決済しても、証拠金不足額に充当されません。

例3 売建玉と買建玉が同数量の場合

証拠金維持率判定を行った際の状況を以下とした場合

  • 判定時点のUSD/JPYのレート:79.98-00
  • レバレッジ:25倍(4%)
  • 売建玉:7,000通貨
  • 買建玉:7,000通貨
  • 証拠金不足額:-3,100円

建玉の状況

証拠金維持率判定時点の必要証拠金計算
(両建てMAX方式)

建玉 7,000 × 80.00円 × 4% 7,000 × 79.98円 × 4%
建玉必要証拠金 22,400円(A) 22,394円(B)
総必要証拠金 22,400円(C) 22,394円(D)

計算結果

建玉必要証拠金 MAX( A , B ) = 22,400円
総必要証拠金 MAX( C , D ) = 22,400円
  • 売買で建玉数が同数量の場合は、必要証拠金額が売建玉>買建玉となるので、売建玉の必要証拠金額を用いて証拠金の算出を行います。
    この例の場合、売り建玉:7,000通貨×80.00円×4% = 22,400円、買い建玉:7,000通貨×79.98円×4% = 22,394円
    従って、建玉必要証拠金は22,400円となります。

売建玉を1,000通貨決済した場合。

売建玉を1,000通貨決済した場合。

この場合、売建玉を1,000通貨決済すると追加証拠金の解消には6円充当されます。

計算式
買建玉7,000通貨の建玉必要証拠金額22,394円が必要となるので、
22,400円(A) - 22,394円(B) = 6円が証拠金不足額に充当されます。
-3,100円(証拠金不足額) + 6円(充当額) = -3,094円(充当後の証拠金不足額)

従って、残りの証拠金不足額(-3,094円)の解消のため、売建玉と買建玉の決済を順次行う必要があります。

続けて買建玉を1,000通貨決済する。

続けて買建玉を1,000通貨決済する。

この場合、建玉の多い買建玉を1,000通貨決済したことで、証拠金不足額が解消されます。

計算式
1,000通貨×79.98円×4% = 3,199円が充当されます。
-3,094円(証拠金不足額) + 3,199円(充当額) = +105円(証拠金不足額解消)

最短5分お申込み完了!

たったの3ステップでお取引開始。口座開設費用、口座維持費用は無料です。

お問合せ

マネックス証券FX・先物オプション・米国株ダイヤル

0120-911-440
(通話料無料)
携帯・PHS 03-6737-1668
(通話料お客様負担)

受付時間 平日8:00~17:00

ページトップ