月曜オープン時の
約定ルール

24時間休みなく世界の各市場をめぐる外国為替取引ですが、
土曜日・日曜日は全世界の為替市場が休場となり、取引が一旦停止します。

週末が終了し、新たな1週間の取引が開始するのは日本時間の月曜日午前7時です。
お客様の指値注文(リミットオーダー)および逆指値注文(ストップオーダー)の週明けの約定について、当社では「オープン約定ルール」を採用しております。

「オープン約定ルール」では、毎週月曜日の営業開始時(午前7時)、および火曜から金曜日の営業日開始時(午前7時10分、夏時間の場合は午前6時10分)、
以下の条件を満たしている場合、営業日開始時(オープン)価格での約定いたします。

「オープン約定ルール」が
適用される条件

前営業日の当社終値価格とその翌営業日開始価格との間に「価格の差」が生じた場合、お客様の指値注文、
または逆指値注文(複合注文を含む)がその「価格の差」の間にあり、約定の条件を満たしている場合。

  • IFD(イフダン)注文、OCO(オーシーオー)注文、IFDOCO注文はいずれも指値・逆指値注文の組み合わせですので、それぞれの約定ルールは上記と同様です。

ある月曜日のオープン時の例
(米ドル/円)

前週金曜日の終値と月曜日の始値
前週金曜日 終値 90.00-02円
月曜日 始値 88.00-02円
月曜日 始値の次のレート 87.99-88.01
  • 指値・買い注文

    米ドル/円=89.00円で「買い」注文した場合

    お客様の指値買い注文のグラフ

    お客様の指値買い注文

  • 逆指値・売り注文

    米ドル/円=89.00円で「売り」注文した場合

    お客様の逆指値売り注文のグラフ

    お客様の逆指値売り注文

OCO注文

1次注文 米ドル/円=89.00円で「買い」注文
2次注文 米ドル/円=88.50円で「売り」注文した場合

お客様のIFD注文のグラフ

お客様のIFD注文

IFD・OCO注文

1次注文 米ドル/円=89.00円で「買い」注文
2次注文(A) 米ドル/円=89.50円で「売り」注文
2次注文(B) 米ドル/円=88.50円で「売り」注文の場合

お客様のIFD・OCO注文のグラフ

お客様のIFD・OCO注文

  • 日次バッチ後の取引開始時(火曜日から金曜日の7:10「夏時間は6:10」)においても同様の仕様です。
ご注意事項

週末に発生したイベントリスクなどが原因で、週末と週初とのレートが大きく離れた場合には、注文種類やご注文レートによってはスリッページが拡大し、いきなり自動ロスカットに遭遇したり、場合によっては証拠金割れという事態も想定されます。
当社の取引システムでは、週末のシステムメンテナンス時間を除き、取引が始まる前に注文のキャンセルや設定、変更が出来ますので、ご指定レートの調整などにもご活用ください。なお、注文の設定、レート変更、注文キャンセルなどが可能な時間は以下のとおりです。

定例システムメンテナンス 注文の設定、削除、変更が可能な時間
毎週日曜日午前00:00~06:00 左記時間帯を除く
  • 臨時システムメンテナンス時間中は上記操作はできません。
  • 日次バッチ時間中【5:55~6:10(冬時間6:55~7:10)】は削除のみ可能です。
  • 定例のシステムメンテナンス以外にも、ソフトウエアの向上などを目的とした緊急のシステムメンテナンスが予定される場合があります。ホームページの「お知らせ」や取引システム内の「お知らせ」などでご確認ください。

最短5分お申込み完了!

たったの3ステップでお取引開始。口座開設費用、口座維持費用は無料です。

お問合せ

マネックス証券FX・先物オプション・米国株ダイヤル

0120-911-440
(通話料無料)
携帯・PHS 03-6737-1668
(通話料お客様負担)

受付時間 平日8:00~17:00

ページトップ