ボリンジャーバンドとエンベロープ

移動平均線の応用として、ここでは「ボリンジャーバンド」と「エンベロープ」を学びます。
移動平均線に一定の値幅をもつバンドがエンベロープで、そこに統計的な要素を含んだのがボリンジャーバンドです。
前提知識として「移動平均線」の理解が必要です。

中級 ボリンジャーバンド

ボリンジャーバンドとは?

ボリンジャーバンドとは、ジョン・ボリンジャー氏が考案したテクニカル分析の手法です。
ボリンジャーバンドは、移動平均とその算出に利用した期間データの標準偏差(シグマ)を計算し、
移動平均に対して標準偏差(シグマ)のX倍を上下に加減したラインのことです。

基本的な考え方

レートはある一定の確率でバンド内で推移いたします。
その確率は以下の表のとおりです。

標準偏差(シグマ) 確率
±1σ 約68%
±2σ 95.4%
±3σ 99.7%

ボリンジャーバンドの利用方法(基本)

横ばいトレンドの際は、バンドの上端付近では「売り」、下端付近では「買い」を行うという一般的な戦略があります。
ローソク足に上ヒゲや下ヒゲなど反転を示唆する足が出現した場合には、信頼性も高くなります。

ボリンジャーバンドの利用方法

画像は、「MonexFX SPEED」より引用

ボリンジャーバンドの利用方法(バンドブレイクアウト)

上記とは反対に、レートがバンドの上端を突き抜けた場合に「買い」、
レートがバンドの下端を突き抜けた場合に「売り」を行うというバンドブレイクアウトという戦略もあります。
レート変動が小さくなりバンド幅が狭くなった場合にこれが起きると、信頼性も高くなります。

ボリンジャーバンドの利用方法

画像は、「MonexFX SPEED」より引用

中級 エンベロープ

エンベロープとは?

エンベロープとは、移動平均乖離率バンドとも言い、移動平均線に対して、
一定のパーセンテージや一定の値幅毎に乖離線を引いたラインのことです。

基本的な考え方

レートの動きは移動平均線に対して一定の乖離の範囲内で推移することが多いため、
バンドの上端付近では「売り」、下端付近では「買い」を行うという一般的な戦略があります。

しかし、移動平均の期間が短い場合や乖離の幅が狭い場合は、
レートが頻繁にエンベロープの両端に接近するため、設定の数値や利用上の判断には注意が必要です。

また、長いトレンドの転換時に起きるエンベロープからの逸脱は、上記の一般的な戦略とは反対に、
急反発や急反落となることもあるので、十分注意してください。

ボリンジャーバンドの利用方法

画像は、「MonexFX SPEED」より引用

他のカリキュラムを見る

お問合せ

マネックス証券FX・先物オプション・米国株ダイヤル

0120-911-440
(通話料無料)
携帯・PHS 03-6737-1668
(通話料お客様負担)

受付時間 平日8:00~17:00

ページトップ