スイング・タイプ

一旦ポジションを取ったら、数日は様子を見てじっくりと利益を伸ばすスイングトレード。
為替差益を狙いながら、同時にスワップ金利を得ることも可能です。

スイング・タイプの特徴とは?

スイングトレードとは、一旦ポジションを取ったら数日は様子を見てじっくりと利益を伸ばす取引スタイルです。
高金利通貨を買う場合、日をまたいでポジションを持ち越すことで、スワップポイントも得ることもできます。一般的に、週足や日足で大きなトレンドをつかみ、トレンド方向に順張りの取引を行います。
デイトレードのように細かな値動きに一喜一憂せずに、トレンドが発生している限りトレードを続けます。

スイング・タイプは、こんなトレード間隔

スイング・タイプ

スイングトレードでは数日から数週間を目安に取引をしますので、昼間は忙しいサラリーマンや主婦の方にもお取引可能です。
チャートを見る時間は一日15分しかない、と言う方はこの取引スタイルが向いています。

例えば、こんな方に向いています

運用目的運用目的投資資金の目安投資資金の目安性格性格取引時間取引時間
為替差益も
スワップ金利も欲しい
投資資金は
30万円くらい
日ごろ忙しいけれど
為替投資に熱心な方
トレンド発生時の
数日~数週間

スイング・タイプ向けのチャート、参考データ

週足・日足のチャートでトレンドの流れを把握し、時間足などを参考にトレードポイントを探ります。いきなりロスカットという事態は避けなければなりませんので、トレンドの転換点の見極め、トレードタイミングを図るためにはテクニカル分析が武器になります。
また、要人発言や不意のイベントなど、ファンダメンタルの情報収集も必要です。これらの情報をご自身で集めるのは大変な時間がかかりますが、アナリストのレポートでプロの解説を読むことで、効率よく情報収集・整理ができます。

参考データ

チャート
  • 日足
  • 週足
情報 マーケットニュース
ニュースヘッドライン
ニュース Global Info24
GI24携帯メール配信サービス
レポート 森レポート
独自のテクノファンダメンタル分析の視点で、市場のテーマ・トレードポイントなどを提供

スイング・タイプのあなたへのアドバイス

スイングトレードはポジションを持つ期間が長いため、利益と損失のバランスが崩れがちになります。利益と損失は事前に計画し、管理することが大切です。ポジションを保有したら、必ず損切りの逆指値注文を入れて損切りを徹底しましょう。
また、利益が発生しても利益確定を急ぎすぎないよう、100pips程度の利益を目安にトレードするのが良いでしょう。長期的にトレードを継続するためには、レバレッジを高くかけすぎず、投資資金にも余裕を持つことが大切です。

最短5分お申込み完了!

たったの3ステップでお取引開始。口座開設費用、口座維持費用は無料です。

お問合せ

マネックス証券FX・先物オプション・米国株ダイヤル

0120-911-440
(通話料無料)
携帯・PHS 03-6737-1668
(通話料お客様負担)

受付時間 平日8:00~17:00

ページトップ